Sakura FM - Kazuhiro Inaba's Music Journey

Back to Artists

さくらFM音楽室
「稲葉和裕のミュージック・ジャーニー」

   

Sakura
FM787




カントリー、ブルーグラス、ジャズ、
ポピュラーなど
ジャンルにこだわらず、
稲葉和裕がお薦めする音楽を
聴いて
いただく番組にしたいと思います。
もちろん、生でも歌います。

稲葉 和裕


放送日 毎月第4水曜日午後8時〜8時58分 (生放送)

■さくらFM (FM 78.7 MHz) 
可聴範囲は、西宮市全域と芦屋市のほぼ全域、尼崎市の武庫川流域、神戸市北区の有馬温泉・藤原台周辺、三田市・宝塚市・伊丹市の一部です。何故か枚方、大阪南港付近でも聞くことができるそうです。
「USEN 440」に加入されている方は、「I−4」チャンネルでも聞くことができます。
(西宮・芦屋・神戸・明石・三田のほぼ全域)




インターネットでさくらFMの放送を聴く方法




「さくらFM」のホームページから「放送を聴く」をクリックしてください。





次回の放送日


◆第167回 放送日 5月24日(水)

カントリー・シンガー、稲葉和裕がお薦めする音楽と弾き語りを、旬の話題を絡めてお楽しみいただきます。

お聴きになりたい曲やメッセージがございましたら、どうぞ、さくらFMまでお送りください。皆様からのメッセージ、リクエストを楽しみにしております。






2017年の放送予定日

◆第169回放送日 6月28日(水)
◆第170回放送日 7月26日(水)
◆第171回放送日 8月23日(水)
◆第172回放送日 9月27日(水)
◆第173回放送日 10月25日(水)
◆第174回放送日 11月22日(水)
◆第175回放送日 12月27日(水)

ゲスト、特集等の予定は、変更することがありますので、悪しからずご了承ください。



★皆様からのメッセージ、リクエストは、Eメール、または、ファックスでお願いいたします。

●ファックス [さくらFM宛て]  (0798)37-5515

●Eメール [さくらFM宛て] 787@sakura-fm.co.jp

●Eメール [オフィス・ホワイト・オーク宛て]
 info@officewhiteoak.com

さくらFMのホームページは、[ここ]をクリックしてください。

お問合せ  さくらFM株式会社 (0798)37-5512



過去の放送内容

◆第167回 放送日 2017年4月26日(水)

ビル・モンローの音楽を時代順に収録したCD4枚組のアルバム「The Music of Bill Monroe」から選曲し、ビル・モンローの音楽と人生をご紹介いました。ブラザー・デュオからブルーグラス・ボーイズの誕生、発展、晩年のモンローなどを弾き語りと交えてお楽しみいただきました。




1. My Long Journey Home (The Monroe Brothers)
2. What Is A Home Without Love (稲葉和裕 弾き語り)
3. Muleskinner Blues (Bill Monroe & His Blue Grass Boys)
4. Memories Of Mother And Dad (稲葉和裕 弾き語り)
5. It's Mighty Dark To Travel (Bill Monroe & His Blue Grass Boys)
6. Sweetheart, You've Done Me Wrong (稲葉和裕 弾き語り)
7. I'm Sittin' On Top Of The World (Bill Monroe & His Blue Grass Boys)
8. Four Walls (稲葉和裕 弾き語り)
9. Sailor's Hornpipe (Bill Monroe & His Blue Grass Boys)
10. My Old Kentucky And You (Bill Monroe & His Blue Grass Boys)
11. She's Young (And I'm Growin' Old) (稲葉和裕 弾き語り)
12. Southern Flavor (Bill Monroe & His Blue Grass Boys)
13. Body And Soul (稲葉和裕 弾き語り)
14. My Last Days On Earth (Bill Monroe & His Blue Grass Boys)

◆第166回 放送日 2017年3月22日(水)

さくらFM開局19年を記念してさくらFM音楽室の第二週「Jazzy Square」の担当パーソナリティー、金谷こうすけ氏をゲストにジャズのテイストをもったカントリーやスタジオ・ミニ・ライヴでお楽しみいただきました。

1. One Has My Name (Preservation Hall Jazz Band & the Del McCoury Band)
2. It's A Sin To Tell A Lie (金谷こうすけ&稲葉和裕 弾き語り)
3. Your Cheatin' Heart (Louis Armstrong)
4. Mona Lisa (金谷こうすけ&稲葉和裕 弾き語り)
5. Here's To Life (Shirley Horn)
6. 勇気をだして (金谷こうすけ)
7. Minor Swing (Django Reinhardt)
8. Georgia On My Mind (金谷こうすけ&稲葉和裕 弾き語り)
9. Crazy (Diana Krall)
10. Amazing Grace (金谷こうすけ&稲葉和裕 弾き語り)
11. All Of Me (金谷こうすけ&稲葉和裕 弾き語り)

◆第165回 放送日 2017年2月22日(水)

カントリーやブルーグラス界で現在、活躍している女性アーティストを特集しました。弾き語りも普段、ステージでは滅多に歌わない女性が歌うラヴ・ソングを歌わせていただきました。とても新鮮でした!

1. Pardon Me (The Cox Family)
2. t Wasn't God Who Made Honky Tonk Angels (弾き語り)
3. Remember Me (Norah Jones)
4. Blue Kentucky Girl (弾き語り)
5. Ah, May The Red Rose Live Always (Suzy Bogguss)
6. Silver Threads And Golden Needles (弾き語り)
7. Will You Love Me Tomorrow? (Carole King & James Taylor)
8. Wildwood Flower (弾き語り)
9. The Pain Of Loving You (Trio)
10. Stand By Your Man (弾き語り)
11. Comin' Down From God (Carol Elizabeth Jones)
12. Everytime You Say Goodbye (Alison Krauss + Union Station)

◆第164回 放送日 2017年1月25日(水)

2017年度の初回ということで、「最初の」、「新しい」、「1月」、「初めての」などをキーワードに選曲しました。本年も、どうぞ、さくらFM音楽室をお楽しみください。

1. Blue Yodel (Jimmie Rodgers)
2. The First Whippoorwill (弾き語り)
3. You Left Me To Cry (稲葉和裕)
4. First Year Blues (弾き語り)
5. The Battle Of New Orleans (Leon Russell)
6. Band New Tennessee Waltz (弾き語り)
7. There's A New Moon Over My Shoulder (Jimmie Davis)
8. Brand New Shoes (弾き語り)
9. New Highway (Larry Sparks)
10. New River Train (弾き語り)
11. The First Step To Heaven (Nashville Bluegrass Band)
12. The New Democracy (Stuart Duncan)

◆第163回 放送日 12月28日(水)

2016年は、多くの偉大なアーティストたちが他界された一年となりました。今回は、彼らが残した名曲を聴きながら、追悼させていただきました。どうぞ、来年もさくらFM音楽室をお楽しみください。

1. Mama Tried (Merle Haggard)
2. Will You Be Satisfied That Way? (弾き語り)
3. Oh, Death (Ralph Stanley)
4. Mary Of The Wild Moor (弾き語り)
5. That's All Right (Elvis, Scotty & Bill)
6. My Darling's Last Goodbye (弾き語り)
7. Windy Mountain (Melvin Goins)
8. Iron Curtain (弾き語り)
9. Joan Of Arc (Jennifer Warnes)
10. Midnight On The Stormy Deep (弾き語り)
11. Tight Rope (Leon Russell)
12. Auld Lang Syne (弾き語り)

◆第162回 放送日 11月23日(祝・水)

11月13日に74歳で他界されましたロックのスーパースター、レオン・ラッセルの追悼をさせていただきました。レオンが残した名曲を聴きながら、個人的な思い出話を披露させていただきました。

1. A Song For You (Leon Russell)
2. Delta Lady (Leon Russell)
3. The Window Up Above (弾き語り)
4. Roll In My Sweet Baby's Arms (Leon Russell)
5. I Saw The Light (Leon Russell)
6. She Think I Still Care (弾き語り)
7. Sixteen Tons (Leon Russell)
8. Uncle Pen (Leon Russell)
9. I'm So Lonesome I Could Cry (弾き語り)
10. If It Wasn't Bad (Leon Russell)
11. Jezabel (Leon Russell)
12. Faces Of Children (Leon Russell)

◆第161回 放送日 10月26日(水)

秋らしくなりました今宵の放送は、アメリカからやってきたマイク・コンプトン、ブレイン・スプラウスからいただいた新譜、そして、稲葉和裕&ブルーグラス・バディーズのライヴ音源をお楽しみいただきました。ツアーの余韻を楽しみながらの生放送となりました。

1. Jerusalem Ridge (Blaine Sprouse)
2. My Home's Across The Blue Ridge Mountains (弾き語り)
3. Charleston #2 (Mike Compton & Norman Blake)
4. Old Fashioned Love (弾き語り)
5. This Crazy Crazy Feeling (Helen Highwater Stringband)
6. You Ain't Goin' Nowhere (弾き語り)
7. A Lonesome Road To Travel (Keith Little)
8. Don't Think Twice, It's Alright (弾き語り)
9. Detour (Cyndi Lauper with Emmylou Harris)
10. Blowin' In The Wind (弾き語り)
11. The Gospel Medley (稲葉和裕&ブルーグラス・バディーズ)
12. Miss The Mississippi And You (Blaine Sprouse)

◆第160回 放送日 9月28日(水)

お彼岸が過ぎたにもかかわらず、蒸し暑く、雨が降ったり止んだりのうっとおしい初秋の一日でした。今回は、来月に来日するアーティストたちのアルバムから選曲させていただきました。来月のコンサートは、どうぞ、お見逃しなきように!

1. Midnight Hour Blues (Mike Compton)
2. I'll Just Pretend (弾き語り)
3. Poison Lies (Keith Little)
4. Some Old Day (弾き語り)
5. Mitzi's Hornpipe (Bluegrass Band featuring Blaine Sprouse)
6. Leaving On A Jet Plane (弾き語り)
7. Sitting On Top Of The World (Nashville Bluegrass Band)
8. Elizabeth (弾き語り)
9. Let Me Walk Lord By Your Side (Peter Rowan featuring Keith Little)
10. First Step To Heaven (弾き語り)
11. Scars From An Old Love (Hazel Dickens featuring Blaine Sprouse)
12. Mississippi Moon (弾き語り)
13. Where Dear Friends Will Never Part (Keith Little)

◆第159回 放送日 8月24日(水)

猛暑の夏の夕べ、「夏」をテーマやモチーフにした曲を集めてみました。
また、去る7月29日に83歳で他界されたメルヴィン・ゴーインズと、今回の収録日の8月22日に亡くなられましたデイル・スレッドを偲びました。

1. No Curb Service (The Lonesome Pine Fiddlers featuring Melvin Goins)
2. Windy Mountain (弾き語り)
3. Summertime (Kathleen Battle)
4. Jeanie With The Light Brown Hair (弾き語り)
5. Lights Of Louisianne (Jennifer Warnes)
6. Molly Darling (弾き語り)
7. That Summer (The Statler Brothers)
8. Love Letters In The Sand (弾き語り)
9. Wheel Hoss (Noam Pikelny)
10. Bringing Mary Home (弾き語り)
11. The Family Who Prays (The Louvin Brothers)
12. Nobody Cares (弾き語り)
13. Fastest Grass Alive (The Osborne Brothers featuring Dale Sledd)

◆第158回 放送日 7月27日(水)

去る6月23日に89歳で他界されたラル・フ・スタンレーを偲び、往年のラルフ・スタンレーのレコーディングやスタンレー・ブラザーズの名曲を弾き語りも交えてお送りいたしました。
多くの思い出が蘇ります。R.I.P. Dr. Ralph Stanley!

1. Love Me Darling Just Tonight (Ralph Stanley)
2. Think Of What You've Done (弾き語り)
3. I'm A Man Of Constant Sorrow (The Stanley Brothers)
4. I Just Got Wise (稲葉和裕)
5. Pretty Polly (Ralph Stanley & Paty Loveless)
6. Stone Walls And Steel Bars (弾き語り)
7. The Lonesome River (Ralph Stanley & Bob Dylan)
8. Say Won't You Be Mine (弾き語り)
9. How Far To Littlerock? (Ralph Stanley)
10. Mother's Only Sleeping (弾き語り)
11. White Dove (The Stanley Brothers)
12. Oh, Death (弾き語り)
13. Let Me Rest (The Stanley Brothers)

◆第157回 放送日 6月22日(水)

今回は、数日前に誕生日のプレゼントでいただきました3枚のCDの中から懐かしい音源や初めて聴くライヴ音源などをかけさせていただきました。弾き語りでは、「雨」の歌、「六月」の歌などをお楽しみいただきました。今回は、久し振りに録音でお届けいたしました。

1. White House Blues (Earl Taylor & The Stoney Mountain Boys)
2. It's Raining Here This Morning (弾き語り)
3. The Train That Carried My Girl From Town (Doc Watson)
4. A Face In The Crowd (弾き語り)
5. Little Birdie (The Stanley Brothers)
6. Dixie's Land (弾き語り)
7. I Saw The Light (Bill Monroe)
8. Take These Chains From My Heart (弾き語り)
9. Polka On A Banjo (Flatt & Scruggs)
10. Have You Ever Seen The Rain? (弾き語り)
11. 'Neath The Cold Grey Tomb Of Stone (The Lilly Brothers & Don Stover)
12. Gimmie Back My Fifteen Cents (弾き語り)
13. Our Last Goodbye (The Johnson Mounain Boys)

◆第156回 放送日 5月25日(水)

「稲葉和裕ブルーグラス・キャンプ」で毎年、大活躍の神戸大学ブルーグラス・サークルから後藤弘樹さんと森垣彩音さんにゲスト出演いただき、KazCampの感想や現在の大学生のブルーグラス事情についてお話いただきました。また、5月19日他界されたブルーグラス・シンガー、ジェイムズ・キング(1958-21016)を追悼させていただきました。

1. Carolina In The Pines (Special Consensus)
2. Old Home Place (稲葉和裕・後藤弘樹・森垣彩音)
3. Rock Bottom (Lonesome River Band)
4. Gold Rush (稲葉和裕・後藤弘樹・森垣彩音)
5. Darkest Hour Is Just Before Dawn (James King)
6. One Morning In May (弾き語り)
7. Muleskinner Blues (Bill Monroe)
8. Banks Of The Ohio (稲葉和裕・後藤弘樹・森垣彩音)
9. I Can Go Back Anytime (Carrie Hastler & Hard Rain)
10. Dark Hollow (稲葉和裕・後藤弘樹・森垣彩音)
11. Everytime You Say Goodbye (Alison Krauss + Union Station)
12. Red Wing (稲葉和裕・後藤弘樹・森垣彩音)

◆第155回 放送日 4月27日(水)

4月6日に79歳で他界されたカントリー歌手の大御所、マール・ハガード(1937-2016)を追悼し、彼の代表曲や他の有名アーティストたちがカヴァーしたハガード・ソングをご紹介させていただきました。ご冥福をお祈りします。

1. Mama Tried (Merle Haggard)
2. Daddy Frank (The Guitar Man) (弾き語り)
3. Swinging Doors (Willie Nelson & Merle Haggard)
4. Silver Wings (弾き語り)
5. My Favorite Memory (The Osborne Brothers)
6. Okie From Muskogee (弾き語り)
7. Pancho And Lefty (Old And In The Gray)
8. Traveling Blues (弾き語り)
9. Sing Me Back Home (Merle Haggard)
10. Hungry Eyes (弾き語り)
11. The Sermon On The Mount (Merle Haggard)
12. Today I Started Loving You Again (弾き語り)
13. Little Hotel Room (Ray Charles with Merle Haggard)

◆第154回 放送日 3月23日(水)

今回は、親子での共演を特集しました。春休み中ということで、娘、稲葉愛里沙をゲストに迎え、中学生生活や趣味などを語ってもらいました。また、2013年にナッシュヴィルで一緒にレコーディングした秘蔵の未発表曲を披露いたしました。

1. Have A Feast Here Tonight (Bill Monroe & James Monroe)
2. Daddy And Home (弾き語り)
3. Blue Moon Of Kentucky (弾き語りwith 愛里沙)
4. Lonesome Moan (Doc & Merle Watson)
5. Mountain Road (弾き語り)
6. Mama He's Crazy (The Judds)
7. Dreaming Of Home And Mother (弾き語り)
8. Never Ending Love For You (Earl Scruggs Revue)
9. Mother, The Queen Of My Heart (弾き語り)
10. Bluegrass Melodies (稲葉和裕&愛里沙)
11. Unforgettable (Natalie Cole & Nat King Cole)
12. Silver Haired Daddy Of Mine (弾き語り)
13. Keep On The Sunnyside (The Whites)

◆第153回 放送日 2月24日(水)

数年ぶりの来日となる女流ジャズ・ピアニスト、ダイアナ・クラールとバックアップ・ミュージシャンとして同行するフィドラー、スチュアート・ダンカンの音源などをご紹介しました。

1. Diamond Joe (Joe Val)
2. 20/20 Vision (弾き語り)
3. Charmed Life (Diana Krall)
4. This Weary Heart You Stole Away (弾き語り)
5. Soppin' The Gravy (Nashville Bluegrass Band)
6. Blue Love (In My Heart) (弾き語り)
7. I'll Be Your Baby Tonight (Norah Jones)
8. The Water Is Wide (弾き語り)
9. Send Me The Pillow You Dream On (Larry Sparks)
10. Redwood Hill (弾き語り)
11. Last Thing On My Mind (Tony Rice)
12. You'll Find Her Name Written There (弾き語り)
13. Dusty Miller (Bryan Sutton & Tony Rice)

◆第152回 放送日 1月27日(水)- 2016年

先週末、寒波に見舞われた日本列島も寒さが少し緩みました。今夜は、冬、雪、寒いなどの言葉が綴られた歌をご紹介させていただきました。,
どうぞ、2016年もさくらFM音楽室「稲葉和裕のミュージック・ジャーニー」をお楽しみください。

1. Cold Virginia Night (Ronnie Bowman)
2. Cold Rain And Snow (弾き語り)
3. Too Young (Natalie Cole)
4. Mary Of The Wild Moor (弾き語り)
5. Will There Be Any Stars? (Alison Krauss & the Cox Family)
6. Footprints In The Snow (弾き語り)
7. It Was A Very Good Year (Frank Sinatra)
8. The Fields Have Turned Brown (弾き語り)
9. I'll Be All Smiles Tonight (Buddy Spicher & Benny Martin)
10. Mind Your Own Business (ブルーグラス・ランブル)
11. Cut The Cornbread, Mama (The Osborne Brothers)
12. Will The Circle Be Unbroken (弾き語り)

◆第151回 放送日 12月23日(祝・水)

2015年の最後のミュージック・ジャーニーは、祝日・天皇誕生日の生放送となりました。クリスマスの二日前ということでクリスマス・ソングを特集させていただきました。
今年も一年間、ご愛聴いただきまして、どうも、有難うございました。

来年もさくらFMとミュージック・ジャーニーを、どうぞ、よろしくお願い申し上げます!

1. That's Chrismas Time To Me (Bill Monroe)
2. Christams Time Is Near (弾き語り)
3. The First Noel (Suzy Bogguss)
4. White Christmas (弾き語り)
5. Have Yourself A Merry Little Christmas (James Taylor)
6. It Came Upon A Midnight Clear (弾き語り)
7. Silver Bells (Oak Ridge Boys)
8. Beautiful Star Of Bethlehem (弾き語り)
9. Christmas Story (The Nashville Bluegrass Band)
10. How Great Thou Art (稲葉和裕&レインボー・ヴァレー・カントリー・バンド)
11. The Christmas Song (Natalie Cole & Nat King Cole)
12. Christmas To Me (弾き語り)
13. Silent Night (Steve & Ruth Smith)

◆第150回 放送日 11月25日(水)

お陰様で150回目のミュージック・ジャーニーを迎えることができました。2003年6月からあっと言う間の12年半でした。これからもさくらFMとミュージック・ジャーニーをご愛聴ください。

今夜は、選りすぐりの音源と旬の弾き語りをお届けいたしました。

1. Sailor's Hornpipe (Bill Monroe featuring Bill Keith)
2. Autumn Leaves (弾き語り)
3. Dark Hollow (Muleskinner)
4. Falling Leaves (弾き語り)
5. Kentucky Waltz (The Osborne Brothers)
6. Meet Me Somewhere In Your Dreams (弾き語り)
7. John Henry (Merle Travis)
8. When The Golden Leaves Begin To Fall (ブルーグラス・ランブル)
9. Blue Eyes Crying In The Rain (Hank Williams)
10. The Old, Old House (弾き語り)
11. What A Friend We Have In Jesus (Ella Fitzgerald)
12. I Just Steal Away And Pray (弾き語り)
13. I Saw The Light (Bill Monroe)

◆第149回 放送日 10月28日(水)

今回は、親子で音楽の伝統を引き継いだアーティストたちを特集してみました。親から子へ、子から孫へ深い絆で結ばれたお家芸がそこに存在しています。

1. On The Sunny Side Of Life (The Lilly Brothers & Don Stover)
2. The Old Home Place (Ashley Lilly)
3. Daddy And Home (弾き語り)
4. My Son Calls Another Man Daddy (Hank Williams)
5. Dixie On My Mind (Hank Williams, Jr.)
6. The Log Train (弾き語り)
7. The Love That Faded (Bob Dylan)
8. Oh, Mama, Come Home (Jacob Dylan)
9. Years Ago (弾き語り)
10. Golden River (Bill & James Monroe)
11. Mountain Road (弾き語り)
12. Unforgettable (Natalie & Nat King Cole)
13. Silver Haired Daddy Of Mine (弾き語り)

◆第148回 放送日 9月23日(祝・水)

先月の放送でかけれなかったバディー・エモンズの名演奏やビル・モンローやオズボーン・ブラザーズらのお気に入りの音源をお楽しみいただきました。ジプシー・スィング・ジャズ・ギタリストの山本佳史氏の新譜もご紹介しました。今回は、祝日のため、録音でお送りいたしました。

1. I Saw The Light (Bill Monroe)
2. Back To The Cross (弾き語り)
3. A Mansion On The Hill (Nashville Super Pickers)
4. Love Of The Mountains (弾き語り)
5. Love Theme From Godfather (山本佳史トリオ)
6. Walkin' Boss (弾き語り)
7. Footprints In The Snow (The Osborne Brothers)
8. Fifteen Years Ago (弾き語り)
9. Long Time Gone (Billy Jo & Norah Jones)
10. Green Pastures In The Sky (弾き語り)
11. From Here To The Moon And Back (Willie Nelson & Dolly Parton)
12. How Long Blues (弾き語り)
13. In Despair (Bill Monroe)

◆第147回 放送日 8月26日(水)

7月29日に他界した「スティール・ギターの王様」バディー・エモンズのリーダー・アルバムや有名アーティストたちのアルバムで冴え渡るエモンズのスティール・ギターをお楽しみいただきました。

1. Deep In The Heart Of Texas (Buddy Emmons)
2. Dixie Cannonball (弾き語り)
3. Anytime (Buddy Emmons)
4. We Could (弾き語り)
5. Rose City Chimes (Ernest Tubb featuring Buddy Emmons)
6. Walkin' The Floor Over You (弾き語り)
7. Smell Good On Sunday (Benny Martin)
8. I Can Read Between The Lines (弾き語り)
9. Jambalaya (On The Bayou) (Carpenters)
10. No One Will Ever Know (弾き語り)
11. All I Have To Do Is Dream (The Osborne Brothers)
12. Guide Me Home, My Georgia Moon (弾き語り)
13. End Of The Line (Buddy Emmons)

◆第146回 放送日 7月22日(水)

今月は、恒例の宗右衛門町夏祭り出演と重なりましたので、録音でお届けいたしました。3枚の新譜と新曲を含む弾き語りでアッと言う間の一時間でした。

1. Today Today Today (James Taylor)
2. I Can Hear Virginia Calling Me (弾き語り)
3. Django And Jimmie (Willie Nelson & Merle Haggard)
4. The Aragon Mill (弾き語り)
5. Girl From China Town (Pete Denahy)
6. I'm Country (弾き語り)
7. Old Flames Can't Hold A Candle To You (Dolly Parton)
8. Carolin Star (弾き語り)
9. Let Me Love You One More Time (The Stanley Brothers)
10. Hand Me Down My Walking Cane (弾き語り)
11. Don't Think Twice, It's All Right (Willie Nelson & Merle Haggard)
12. Won't You Come And Sing For Me? (弾き語り)
13. Angels Of Fenway (James Taylor)

◆第145回 放送日 6月24日(水)

梅雨の季節ということで今回は、「雨」にまつわる歌を特集してみました。雨をモチーフにした歌は、カントリー、ブルーグラス、ポピュラーで、結構、たくさんあるものです。

1. Listening To The Rain (The Osborne Brothers)
2. Cold Rain And Snow (弾き語り)
3. Blue Eyes Crying In The Rain (Willie Nelson)
4. It's Raining Here This Morning (弾き語り)
5. Kentucky Rain (Elvis Presley)
6. Deep River Blues (弾き語り)
7. It's Raining (Jennifer Warnes)
8. Raindrops Keep Fallin' On My Head (弾き語り)
9. Early Morning Rain (Tim O'Brien)
10. Rhythm Of The Rain (弾き語り)
11. Rain Please Go Away (Del McCoury)
12. Some Old Day (弾き語り)
13. Have You Ever Seen The Rain? (Creedence Clearwater Revival)

◆第144回 放送日 5月27日(水)

4月に他界されたブルーグラス・フィドラーのテックス・ローガンと5月に他界されたウエスタン・スウィング・フィドラーのジョニー・ギンブルの素晴らしいフィドル・ミュージックをお聴きいただきました。弾き語りも新曲を披露させていただきました。

1. One Morning In May (James Taylor)
2. My Home's Across The Blue Ridge Mountains (弾き語り)
3. Fire On The Mountain (Bill Monroe with Tex Logan)
4. Another Day (弾き語り)
5. Fiddlin' Around (Nashville Supper Pickers with Johnny Gimble)
6. Mary Of The Wild Moor (弾き語り)
7. Warm Kentucky Sunshine (Adam Steffey with Alison Krauss)
8. Paradise (弾き語り)
9. Wayfaring Stranger (Tim O'Brien)
10. (I'm Gonna ) Sing, Sing, Sing (弾き語り)
11. Things In Life (ブルーグラス・ランブル)
12. Hobo On A Freight Train To Heaven (弾き語り)
13. Twinkle, Twinkle Little Star (Willie Nelson with Johnny Gimble)

◆第143回 放送日 4月22日(水)

ディレクターが平松さんから矢野秀和氏に交代されて初めての放送となりました。今夜は、CD音源と弾き語りの曲に何らかの関連性を持たせてみました。
4月9日に他界されたタット・テイラーのドブロ・ギターをレオン・ラッセルのアルバムでご紹介しました。

1. Little Annie (The Lilly Brothers & Don Stover)
2.The Waves On The Sea (弾き語り)
3. Jambalaya (On The Bayou) (Leon Russell)
4. Pan American (弾き語り)
5. Roll In My Sweet Baby's Arms (Nashville Super Pickers)
6. Katy Cline (弾き語り)
7. Lester, Bill And Earl (Benny Martin)
8. Little Cabin Home On The Hill (弾き語り)
9. Why Did You Wander (Bill Monroe & His Blue Grass Boys)
10. The First Whippoorwill (弾き語り)
11. Any Old Time (Alison Krauss)
12. Hobo Bill's Last Ride (弾き語り)
13. Mean Mother Blues (Seldom Scene)

◆第142回 放送日 3月25日(水)

何年経っても色褪せない名曲、名演奏の音源をおかけしました。ミュージック・ジャーニーの初回からお世話になりましたディレクター、平松宏次郎さんが今夜の放送でご退職となりました。長らくお世話になり、共に番組を作らせていただき感謝しております。
平松さん、どうも、長い間、お疲れ様でした!

1. Exactly Like You (Willie Nelson)
2. Excuse Me, I Think I've Got A Heatache (弾き語り)
3. Oh Cumberland (Matraca Berg & Gary Harrison)
4. Goodbye, Maggie (弾き語り)
5. City Of New Orleans (Seldom Scene)
6. The Girl I Love Don't Pay Me No Mind (弾き語り)
7. Blue Yodel No. 9 (Jimmie Rodgers with Louis Armstrong)
8. Just When I Needed You (弾き語り)
9. Keep Your Lamp Trimmed And Burning (Hot Rize)
10. Midnight On The Stormy Deep (弾き語り)
11. If I Needed You (Doc & Merle Watson)
12. Auld Lang Syne (James Taylor)

◆第141回 放送日 2月25日(水)

30年以上実現しなかったノーマン・ブレイクのオリジナル曲ばかりを収録した新譜、"Wood, Wire & Words"をご紹介しました。そのアルバムから、気負わない、音の洪水ではない音楽の世界を感じることができました。今夜は、そんな渋めの曲が多かった放送でした。

1. Ashes Of Love (The Good Ol' Boys)
2. Early Morning Rain (弾き語り)
3. Grady Forester's Store and Cotton Gin (Norman Blake)
4. St. James Hospital (弾き語り)
5. Ah, May Red Roses Live Always (Suzy Bogguss)
6. The Great Judgement Morning (弾き語り)
7. Your Cheatin' Heart (Beck)
8. Please Don't Let Me Love You (弾き語り)
9. My Louisianna Love (Bill Monroe & Mel Tillis)
10. The Water Is Wide (弾き語り)
11. Blue Moon Of Kentucky (弾き語り)
12. Norman's Rag (Norman Blake)
13. Forsaken Love (弾き語り)

◆第140回 放送日 1月28日(水) - 2015年

24年ぶりとなった人気ブルーグラス・バンド、ホット・ライズの新譜をご紹介しました。
1月に他界されたカントリー・スター、ジミー・ディッケンズとブルーグラス・ベーシスト、ビル・イエイツらの音源もお聴きいただきました。

1. Doggone (Hot Rize)
2. Oh, How I Miss You (弾き語り)
3. Country Boy (Little Jimmy Dickens)
4. A Fool Such As I (弾き語り)
5. Going Back To The Mountains (The Osborne Brothers)
6. Singin' The Blues (弾き語り)
7. I'll Break Out Again Tonight (The Country Gentlemen - Bill Yates)
8. I'm Free (From The Chain Gang Now) (弾き語り)
9. Scars From An Old Love (Hazel Dickens)
10. When It's Lamp Lightin' Time In The Valley (弾き語り)
11. How Great Thou Art (ブルーグラス・ランブル)
12. A Lonesome Road To Travel (弾き語り)
13. Come Away (Hot Rize)

◆第139回 放送日 12月24日(水)

今年は放送日がちょうどクリスマス・イヴの生放送となりました。全編クリスマス・ソングでお送りいたしました。Merry Christmas!

1. Away In A Manger (Jerry Douglas)
2. What Child Is This? (弾き語り)
3. Blue Christmas (Ernest Tubb)
4. Silver Bells (弾き語り)
5. Jingel Bell Rock (Bobby Helms & The Anita Kerr Singers)
6. Brahms' Bethlehem Lullaby (弾き語り)
7. Winter Wonderland (Ray Charles)
8. Christmas Time's A-Coming (弾き語り)
9. The Christmas Song (James Taylor)
10. The First Noel (弾き語り)
11. It's Christmas Time (The Louvin Brothers)
12. Christmas To Me (弾き語り)
13. O Holy Night (Vince Gill & Patrick Williams)

◆第138回 放送日 11月26日(水)

1972年にニッティー・グリッティー・ダート・バンドが発表した歴史的なアルバム、"Will The Circle Be Unbroken"から豪華スターの歌声や演奏をお楽しみいただきました。
弾き語りでは、それらのアーティストに関連した歌をご紹介しました。

1. Grand Ole Opry Song (Jimmy Martin)
2. Don't Give Your Heart To A Rambler (弾き語り)
3. Keep On The Sunny Side (Maybelle Carter)
4. The Winding Stream (弾き語り)
5. Wreck On The Highway (Roy Acuff)
6. The Great Speckled Bird (弾き語り)
7. Nashville Blues (Earl Scruggs)
8. Nashville Blues (弾き語り)
9. Nine Pound Hammer (Merle Travis)
10. Dark As A Dungeon (弾き語り)
11. Way Downtown (Doc Watson)
12. Deep River Blues (弾き語り)
13. Lonesome Fiddle Blues (Vassar Clements)
14. Will The Circle Be Unbroken (The Nitty Gritty Dirt Band)

◆第137回 放送日 10月22日(水)

最近、入手した新譜を中心に懐かしいアルバムや、大阪公演直前のジェリー・ダグラスなどをご紹介しました。神戸酒心館での「稲葉和裕 meets 京都フィルハーモニー室内合奏団」の音源もお楽しみいただきました。

1. Kansas City Railroad Blues (Rob McCoury)
2. Through The Bottom Of The Glass (弾き語り)
3. Will You Be Satisfied That Way (Larry Sparks)
4. Years Ago (弾き語り)
5. On Monday (Jerry Douglas)
6. Lonesome Old Song (弾き語り)
7. Busted (Hazel Dickens)
8. The Sweetest Gift, A Mother's Smile (弾き語り)
9. When The Saints Go Marchin' In (The Lilly Brothers & Don Stover)
10. Bridge Over Troubled Water (稲葉和裕 & 京都フィルハーモニー室内合奏団)
11. Goin' Up Home To Live In Green Pastures (Larry Sparks)
12. I've Just Seen The Rock Of Ages (弾き語り)

◆第136回 放送日 9月24日(水)

カリフォルニア州からの留学生、ソフィー・チュマコヴァさんをゲストに、カリフォルニアを代表するカントリーやブルーグラスのアーティストをご紹介しました。ソフィーにも一曲、歌っていただきました!

1. Roll On Buddy (The Vern Williams Band)
2. There's More Pretty Girls Than One (弾き語り)
3. Goodbye Old Pal (Blue & Lonesome)
4. Hear The Wind Blow (弾き語り)
5. Any Time At All (The Beatles)
6. What A Wonderful World (ソフィー・チュマコヴァ)
7. Under Your Spell Again (Buck Owens & Dwight Yoakam)
8. You Can't Judge A Good Book By Its Cover (弾き語り)
9. Frankie in The Rain (Jennifer Warnes)
10. The Bluegrass Country (弾き語り)
11. Mama Tried (Marle Haggard)
12. Go Rest High On That Mountain (弾き語り)
13. The California Uptight Band (Skeeter Davis)

◆第135回 放送日 8月27日(水)

私のCDコレクションの中から今まで気が付かなかったような曲を選んで、ご紹介させていただきました。弾き語りも、久し振りに歌う歌を取り上げてみました。また、違った新鮮さを感じることができました。

1. Do I Ever Cross Your Mind (The Trio)
2. Love Letters In The Sand (弾き語り)
3. Field Of Flowers (The Vern Williams Band)
4. I Know What It Means To Be Lonesome (弾き語り)
5. Somewhere Between (Willie Nelson with Loretta Lynn)
6. Like I Used To Do (弾き語り)
7. Louisiana 1927 (Randy Newman)
8. Rain And Snow (弾き語り)
9. Move It On Over (Hank Williams)
10. I Am A Pilgrim (弾き語り)
11. I Dreamed About Mom Last Night (Hank Williams)
12. I Hear A Sweet Voice Calling (弾き語り)
13. Look Down That Lonesome Road (Tim O'Brien)

◆第134回 放送日 7月23日(水)

「アメリカ南部の旅」のお土産話を、現地から持ち帰ったお土産CDアルバムと共にご紹介しました。また、ウエイン・ヘンダーソンからいただいたギターで弾き語りをお楽しみいただきました。

1. Old Train (Tony Rice)
2. Excuse Me, I Think I've Got A Heartache (弾き語り)
3. Blackberry Blossom (Tony Rice)
4. Lonesome Wind Blues (弾き語り)
5. Gonna Be Raining When I Die (The Osborne Brothers)
6. The Letter Edged In Black (弾き語り)
7. Mean Mother Blues (The Seldom Scene)
8. Greenback Dollar (弾き語り)
9. A Mansion On The Hill (Glen Campbell)
10. Til The Rivers All Run Dry (弾き語り)
11. Stand By Your Man (宮前ユキ)
12. Talk Of The Town (弾き語り)
13. From The Forrest (Tony Rice)

◆第133回 放送日 6月25日(水)

今回は、アメリカ・ツアー中ということで録音でお送りしました。ウエイン・ヘンダーソン・ミュージック・フェスティバルで共演いただくアーティストたちのレコーディングとスペシャル・ゲストで出演するヴィンス・ギルの音源をご紹介しました。

1. St. Anne's Reel (Wayne Henderson)
2. My Home's Across The Blue Ridge Mountains (弾き語り)
3. Jamboree (Butch Robins)
4. Don't Let Your Deal Go Down (弾き語り)
5. Three Sides To Every Story (Vince Gill)
6. Blue Ridge Mountain Blues (弾き語り)
7. Fiddle Patch (Bobby Hicks)
8. The Storms Are On The Ocean (弾き語り)
9. Hubbin' It (Skeeter & the Skidmarks)
10. Southern Moon (弾き語り)
11. High Lonesome Sound (Vince Gill)
12. What A Friend We Have In Jesus (ギター演奏)
13. Won't You Come And Sing For Me (弾き語り)
14. The Cat Came Back (Wayne Henderson with Doc Watson)

◆第132回 放送日 5月28日(水)

リノ&ハレルの懐かしい5月の歌から始まり、映画「インサイド・ルーウィン・デイヴィス」の話題や6月にアメリカで共演することが決まった伝説のブルーグラス・フィドラー、ボビー・ヒックスの音源などをお楽しみいただきました。

1. One Morning In May (Don Reno & Bill Harrell)
2. Collen Malone (弾き語り)
3. Angelina Jane Is Long Gone (Mipso Trio)
4. Yellow Rose Of Texas (弾き語り)
5. I'll Never Shed Another Tear (Flatt & Scruggs)
6. The Legend Of A Rebel Soldier (弾き語り)
7. Tuck Away My Lonesome Blues (Laurie Lewis)
8. To Know Him Is To Love Him (弾き語り)
9. If I Had A Hammer (Peter, Paul and Mary)
10. 500 Miles (弾き語り)
11. Father I Stretch My Hand To Thee (Nashville Bluegrass Band)
12. The Last Thing On My Mind (弾き語り)
13. Faded Love (Bobby Hicks)

◆第131回 放送日 4月23日(水)

今年4月に他界されたブルーグラス・ギタリスト、ジョージ・シャフラーの音源と、シンガー・ソングライターのジェシー・ウインチェスターの歌をご紹介させていただきました。
中高生時代によく聴いたシャナンドア・カッタップスやドン・ストーヴァーなどを聴きながら青春時代を思い出しました。

1. Just Over In The Gloryland (The Stanley Brothers with George Shuffler)
2. Home Sweet Home (ギター演奏)
3. The Nine Pound Hammer (Bryan Sutton & George Shuffler)
4. Brand New Tennessee Waltz (弾き語り)
5. World Black As Night (The Shenandoah Cut-Ups)
6. Swing Them Pretty Girls Around (バンジョー演奏)
7. The Old Coon Dog (Don Stover)
8. Goin' Across The Sea (弾き語り)
9. Kansas City Kitty/Big Eared Mule (Snuffy Jenkins)
10. You Ain't Goin' Nowhere (弾き語り)
11. Hey Good Lookin' (弾き語り)
12. Sitting On Top Of The World (Doc Watson)
13. Old Love Letters (Bring Memories Of You) (弾き語り)
14. Jordan (The Stanley Brothers with George Shuffler)
15. Kinfolks In Carolina (弾き語り)

◆第130回 放送日 3月26日(水)

ブルーグラスのルーツ、モンロー・ブラザーズからスタートし、ブラザー・デュオやオズボーン・ブラザーズの貴重なライヴ音源などをお楽しみいただきました。

1. My Long Journey Home (The Monroe Brothers)
2. Alabama (弾き語り)
3. Springtime In Dear Old Dixie (Reno & Smiley)
4. Tennessee Border (弾き語り)
5. Together Again (Vince Gill & Paul Franklin)
6. Picture On The Wall (弾き語り)
7. My Cabin In Caroline (The Osborne Brothers)
8. Southern Skies (弾き語り)
9. High Lonesome Sound (Old And In The Way)
10. Your Old Love Letters (弾き語り)
11. Blue Yodel No. 4 (Bill Monroe & His Blue Grass Boys)
12. Take Me Home, Country Roads (弾き語り)
13. Cold Cold Heart (Hank Williams)

◆第129回 放送日 2月26日(水)

2014年1月27日、フォーク・ミュージックの神様、ピート・シーガーが亡くなられましたので、彼の歌声、残した名曲、フォーク・グループの先駆け、ザ・ウイヴァースをご紹介しました。
また、今年のグラミー賞に輝いたデル・マッカリー、エミールウ・ハリス&ロドニー・クロウェルらの歌声もお楽しみいただきました。

1. Lonesome Truck Driver's Blues (The Del McCoury Band)
2. Mountain Road (弾き語り)
3. Old Yellow Moon (Emmylou Harris & Rodney Crowell)
4. Medals For Mothers (弾き語り)
5. Barbara Allen (Pete Seeger)
6. If I Had A Hammer (弾き語り)
7. New Moon Over Texas (The Time Jumpers)
8. Tragic Romance (弾き語り)
9. Sunny Side Of The Mountain (Benny Martin)
10. Little Rosewood Casket (弾き語り)
11. Dailey's Reel (Kenny Baker)
12. Beautiful Brown Eyes (弾き語り)
13. On Top Of Old Smoky (The Weavers)

◆第128回 放送日 1月22日(水) - 2014年

新年初めての放送ということで2013年に発表された新譜を中心にご紹介しました。
弾き語りは、新年に相応しい"Brand New"という言葉がタイトルになった歌を選んでみました。

1. Gentle On My Mind (John Hartford)
2. Pretty Fair Maid In The Garden (弾き語り)
3. Road To Columbus (Noam Pikelny)
4. Brand New Tennessee Waltz (弾き語り)
5. Invitation To The Blues (Emmylou Harris & Rodney Crowell)
6. Brand New Shoes (弾き語り)
7. Midnight Hour (Mike Compton)
8. Six White Horeses (稲葉和裕)
9. Rockin' Alone In An Old Rockin' Chair (Billie Joe & Norah Jones)
10. On The Old Plantation (弾き語り)
11. In The Morning (Jennifer Warnes)
12. When The Saints Go Marchin' In (弾き語り)
13. Will You Remember Mine (Willie Nelson & Lily Meola)

◆第127回 放送日 12月25日(水)

放送日がちょうどクリスマス・デイということでクリスマス・ソングを特集しました。
"Silent Night"は、12月15日に神戸酒心館で開催されました「カントリー・クリスマス・コンサート 2013」からのライヴ・レコーディングをお聴きいただきました。

1. Christmas Time's A-Coming (Peter Rowan)
2. Brahms' Bethlehem Lullaby (弾き語り)
3. Away In The Manger (Trisha Yearwood)
4. Silver Bells (弾き語り)
5. On Christmas Eve (Mike Compton)
6. Beautiful Star Of Bethlehem (弾き語り)
7. First Noel (The Louvin Brothers)
8. It Came Upon A Midnight Clear (弾き語り)
9. Christmas Is Near (Lost Highway)
10. Blue Christmas (弾き語り)
11. White Christmas (The Statler Brothers)
12. Silent Night (稲葉和裕 & Mike Compton with Heidi Herzog)
13. Christmas Lullaby (Doc Watson)

◆第126回 放送日 11月27日(水)

今回は、「弾き語り」を特集しました。音源で全くの「弾き語り」というのは結構少ないものですが、アーティストたちが歌を通して発信する熱きメッセージをお楽しみいただきました。
ゲストに、さくらFMパーソナリティーのnariさんをお迎えして、弾き語りもご披露いただきました。

1. Away Out On The Mountain (Jimmie Rodgers)
2. Falling Leaves (弾き語り)
3. Sitting On Top Of The World (Doc Watson)
4. Hear The Wind Blow (弾き語り)
5. Macon Georgia Blue (Jeff Healey Band)
6. Over Me (弾き語り)
7. Tennessee Border (Hank Williams)
8. Are You Wasting My Time? (弾き語り)
9. Don't Think Twice (It's Alright) (Bob Dylan)
10. Goodybe McGee (弾き語り)
11. The Garden (Tim O'Brien)
12. Hello Mary Lou (弾き語り)
13. You Can Close Your Eyes (James Taylor)

◆第125回 放送日 10月23日(水)

今回は前回の逆パターンのテーマで、カントリー・アーティストが歌ったブルーグラス・ソングをご紹介しました。話題のアラン・ジャクソンの新譜、"The Bluegrass Album"もご紹介しました。

1. The California Uptight Band (Skeeter Davis)
2. Chalk Up Another One (弾き語り)
3. Appalachian Mountain Girl (Alan Jackson)
4. Blue-eyed Darling (弾き語り)
5. Blue Moon Of Kentucky (Patsy Cline)
6. My Old Kentucky Home (弾き語り)
7. Kentucky Waltz (Eddy Arnold)
8. Footprints In The Snow (弾き語り)
9. Muleskinner Blues (Dolly Parton)
10. Sittin' Alone In The Moonlight (弾き語り)
11. I Worship You (The Little Willies)
12. I Just Got Wise (弾き語り)
13. Blue Ridge Mountain Song (Alan Jackson)

◆第124回 放送日 9月25日(水)

今回のテーマは、ブルーグラス・アーティストやバンドがカヴァーしたカントリー・ソングをご紹介しました。こんなバンドがこんな歌を?という感じで新鮮さを感じていただけたのではないでしょうか?
次回はテーマを逆転させてお送りします。どうぞ、お楽しみに。

1. The Wild Side Of Life (The Stanley Brothers)
2. Fraulein (弾き語り)
3. I Can't Stop Loving You (Don Reno & Red Smiley)
4. Hang your Head In Shame (弾き語り)
5. Faded Love (The Osborne Brothers)
6. Take Me As I Am (Or Let Me Go) (弾き語り)
7. Making Plans (Vince Gill, David Grisman, Herb Pederson)
8. I Love You Because (弾き語り)
9. Send Me The Pillow That You Dream On (Larry Sparks)
10. You Win Again (弾き語り)
11. Blue Eyes Crying In The Rain (J. D. Crowe featuring Keith Whitley)
12. I Walk The Line (弾き語り)
13. Four Walls (Bill Monroe)

◆第123回 放送日 8月28日(水)

今回は、カナダ出身のアーティストの音楽をご紹介しました。カナダからの留学生、コートニー・ブリッジさんにゲスト出演いただき、カナダや同年代の音楽趣向などについて語っていただきました。

1. I'm Movin' On (Hank Snow)
2. A Fool Such As I (弾き語り)
3. My Way (Paul Anka)
4. Diana (弾き語り)
5. Speeches (Walk Off The Earth)
6. Crazy (Diana Krall)
7. Could I Have This Dance (Anne Murray)
8. Snowbird (弾き語り)
9. You Don't Know Me (Michael Buble)
10. Four Strong Winds (弾き語り)
11. Flint Hill Special (David Talbot)
12. Red River Valley (弾き語り)

◆第122回 放送日 7月24日(水)

「稲葉和裕のミュージック・ジャーニー」が始まって早くも10年が経過しました。今夜は、エデイ上田さんにゲストにお迎えして、10周年記念番組をお送りしました。

1. Molly And Tenbrooks (Bill Monroe)
2. Little Annie (弾き語り)
3. Your Cheatin' Heart (Hank Williams)
4. Pan American (弾き語り)
5. House Of Gold (The Seldom Scene)
6. Green Pasture In The Sky (弾き語り)
7. Summetime (Jamie Davis)
8. From A Distance (弾き語り)
9. Summer Wages (Nanci Griffith)
10. Okie From Muskogee (弾き語り)
11. Early Morning Rain (Tim O'Brien)
12. White Dove (弾き語り)

◆第121回 放送日 6月26日(水)

今月はさくらFM開局15周年記念事業の一環として「ビートルズ月間」ですので、カントリーやブルーグラスでカヴァーされたビートルズのナンバーをご紹介しました。また、稲葉和裕の数少ないビートルズのレパートリーから有名曲を弾き語りで歌わせていただきました。

お陰様でミュージック・ジャーニーはめでたく10周年を迎えることができました。リスナーの皆様、スタッフの皆様、どうも、有難うございます。

1. I've Just Seen A Face (Charles River Valley Boys)
2. Yesterday (弾き語り)
3. Help! (Dolly Parton)
4. Norwegian Wood (弾き語り)
5. Act Naturally (弾き語り)
6. Eleanor Rigby (Ray Charles)
7. Lady Madonna (Butch Robins)
8. Blue Moon Of Kentucky (Paul McCartney)
9. Yesterday (The Country Gentlemen)
10. Imagine (弾き語り)
11. In My Life (The Beatles)
12. Let It Be (弾き語り)

◆第120回 放送日 5月22日(水)

4月26日に81歳で他界されたジョージ・ジョーンズのヒット・ソングを特集しました。多くの有名アーティストにカヴァーされた名歌手の功績を偲びました。

1. The Race Is On (George Jones)
2. Color Of The Blues (弾き語り)
3. The Window Up Above (Leon Russell)
4. She Thinks I Still Care (弾き語り)
5. We Didn't See A Thing (Ray Charles & George Jones)
6. Tender Years (弾き語り)
7. Why Baby Why (James Taylor)
8. Take Me (Tammy Wynette & George Jones)
9. The Grand Tour (Aaron Neville)
10. The Old, Old House (弾き語り)
11. He Stopped Loving Her Today (George Jones)
12. Don't Stop The Music (弾き語り)

◆第119回 放送日 4月24日(水)

一日中、春の雨が降り続きました。
今夜は、雨にまつわる曲と新譜を数枚、ご紹介させていただきました。

1. Listening To The Rain (The Osborne Brothers)
2. Rhythm Of The Rain (弾き語り)
3. It's Rainning (Jennifer Warnes)
4. Blue Eyes Crying In The Rain (弾き語り)
5. Little Red Shoes (The Fiction Twins)
6. Seasons Of My Heart (弾き語り)
7. In The Garden (坂本愛江)
8. Whispering Hope (弾き語り)
9. Goodnight Irene (Eric Clapton)
10. You're Running Wild (弾き語り)
11. Wabash Cannonball (Bill Monroe)
12. It's Raining Here This Morning (弾き語り)

◆第118回 放送日 3月27日(水)

大物アーティストのコラボレーション曲を特集しました。カントリー、ブルーグラス、ジャズ、R&B、ロック、フォークなど様々な音楽バックグラウンドを持つアーティストたちが創り出す世界をご紹介しました。

1. Blue Yodel No. 9 (Standing On The Corner)
 (Jimmie Rodgers & Louis Armstrong)
2. Home Of The Blues (弾き語り)
3. What Would You Give In Exchange for Your Soul?
 (Bill Monroe & Doc Watson)
4. In The Beginning (弾き語り)
5. Crazy Old Soldier (Ray Charles & Johnny Cash)
6. Molly Darling (弾き語り)
7. Creepin' In (Norah Jones & Dolly Parton)
8. Silver Threads And Golden Needles (弾き語り)
9. Never Too Old (To Hold Somebody) (Elton John & Leon Russell)
10. Peach Pickin' Time In Georgia (弾き語り)
11. Tender Years (弾き語り)
12. Close Your Eyes (Carole King & James Taylor)

◆第117回 放送日 2月27日(水)

スタンレー・ブラザーズやジョニー・キャッシュの古い録音、「レ・ミゼラブル」でアカデミー賞助演女優賞に輝いたアン・ハサウェーの「夢やぶれて」などの音源と弾き語りはライヴ・デビュー前の「新曲」を披露いたしました。

1. Four Books In The Bible (The Stanley Brothers)
2. In The Beginning (弾き語り)
3. Lovesick Blues (Hank Williams)
4. The Soldier's Sweetheart (弾き語り)
5. I Dreamed A Dream (Anne Hathaway)
6. Crying In The Chapel (弾き語り)
7. Seasons Of My Heart (Johnny Cash)
8. Old Love Letters (Bring Memories Of You) (弾き語り)
9. Nashville Skyline Rag (J. D. Crowe)
10. Permanently Lonely (弾き語り)
11. One More For The Road (Adam Steffey)
12. Years Ago (弾き語り)
13. Pass Me Not (弾き語り)

◆第116回 放送日 1月23日(水)- 2013年

スタンレー・ブラザーズ、ボブ・ウイルス、リリー・ブラザーズらの渋い音源と今年の元日に85歳で他界されたパティ・ペイジの歌声、そして、話題の映画「レ・ミゼラブル」のサウンド・トラックからご紹介させていただきました。

今年も生放送で頑張りますので、どうぞ、お聴きください。サイマル放送で全国に、世界に...夢が広がります。

1. Are You Waiting Just For Me? (The Stanley Brothers)
2. My Sweet Love Ain't Around (弾き語り)
3. Money, Marbles And Chalk (Patti Page)
4. Footprints In The Snow (弾き語り)
5. Look Down (Hugh Jackman)
6. The Gum Tree Canoe (弾き語り)
7. Faded Love (Bob Wills)
8. The Riddle Song (弾き語り)
9. I'll Live On (The Lilly Brothers)
10. Southern Skies (弾き語り)
11. Orange Blossom Special (Nashville Super Pickers)
12. Wayside Tavern (弾き語り)

◆第115回 放送日 12月26日(水)

2012年は、ホイットニー・ヒューストン、アール・スクラッグス、ドック・ワトソン、尾崎紀世彦さんら多くのアーティストが他界されまた一年でした。CD音源や弾き語りで2012年を振り返りました。弾き語りは、今年最後の放送ということでタイトルに「last」がつく歌を選びました。

1. K And B Polka (Kenny Baker)
2. Last Thing I Needed (The First Thing This Morning) (弾き語り)
3. I Will Always Love You (Whitney Houston)
4. Last Days At Gettysburg (弾き語り)
5. Ground Speed (Earl Scruggs)
6. Last Letter Home (弾き語り)
7. Deep River Blues (Doc Watson)
8. Hobo Bill's Last Ride (弾き語り)
9. Anytime (尾崎紀世彦)
10. Amelia Earhart's Last Flight (弾き語り)
11. A Good Gal Is Hard To Find (Presevation Jazz Hall Band)
12. The Last Thing On My Mind (弾き語り)

◆第114回 放送日 11月28日(水)

今回は、数枚の新譜をご紹介しました。
5月に先立ったドック・ワトソンを追うように奥さん、ロザ・リー・ワトソンが11月22日に他界され、追悼曲をおかけしました。
可聴範囲が広がり気合が入ります!

1. Things In Life (Ricky Skaggs)
2. This Land Is Your Land (弾き語り)
3. I'll Be Your Baby Tonight (Norah Jones)
4. Me And Bobby McGee (弾き語り)
5. New Star Of Texas (The Time Jumpers)
6. Blue Eyes Crying In The Rain (弾き語り)
7. Talk About Suffering (Doc Watson)
8. Walkin' In My Sleep (弾き語り)
9. Gonna Lay Down My Old Guitar (Bryan Sutton)
10. He'll Have To Go (弾き語り)
11. Live And Let Live (Del McCoury)
12. Hold On To Your Dreams (弾き語り)
13. Things In Life (Don Stover)

◆第113回 放送日 10月24日(水)サイマル放送開始

いよいよ今月からインターネット・サイマル放送が始まりました。東京から、アメリカからもメッセージをいただきました。今月は、何度聴いても飽きない音源と、稲葉ブラザーズとブルーグラス・ランブルのライヴ音源をお楽しみいただきました。

1. Lonesome Pine Breakdown (Don Stover)
2. Ramshackle Shack (弾き語り)
3. Blue Train (Nashville Bluegrass Band)
4. Old Flame Can't Hold A Candle To You (弾き語り)
5. Who Am I To Say (The Statler Brothers)
6. I Don't Believe You've Met My Baby (稲葉ブラザーズ)
7. Somewhere Down Below The Dixon Line (Jimmie Rodgers)
8. Polka On A Banjo (ブルーグラス・ランブル)
9. You've Been Lonesome, Too (Alan Jackson)
10. Too Bad She Don't Love Me (弾き語り)
11. Permanently Lonely (The Little Willies)
12. Wild Horses (弾き語り)
13. Blue Virginia Blues (Larry Sparks)

◆第112回 放送日 9月26日(水)

今月は、珍しい音源をご紹介しました。フラット&スクラッグスのラジオ盤、スキーター・デイヴィスのブルーグラス・アルバムや、先日いただいた尾崎紀世彦氏の秘蔵アルバムからもかけさせていただきました。

1. Roll In My Sweet Baby's Arms (Flatt & Scruggs)
2. Old Dan Tucker (弾き語り)
3. Pan American (Larry Sparks)
4. From The Manger To The Cross (弾き語り)
5. Yodel Lady Blues (トミ藤山)
6. A Drunkard's Child (弾き語り)
7. Head Over Heels In Love (Skeeter Davis)
8. Big River (弾き語り)
9. Back Up And Push (Kenny Baker)
10. Don't Let Your Sweet Love Die (弾き語り)
11. My Boy (尾崎紀世彦)
12. John Henry (弾き語り)
13. Hang Me Down My Walking Cane (Porter Wagoner)

◆第111回 放送日 8月22日(水)

最近、入手した新譜を数枚、ご紹介しました。9月22日に神戸・オルビスホールで開催される「尾崎紀世彦 追悼コンサート」を前に、懐かしい尾崎さんのカントリー・アルバムからも一曲、かけさせていただきました。


1. On Monday (Jerry Douglas)
2. There's A Tear In My Beer (弾き語り)
3. Randy Rynn Rag (Charlie Cushman)
4. West Virgina, My Home (弾き語り)
5. Act Naturally (尾崎紀世彦)
6. I've Still Got Ninety-nine (弾き語り)
7. Dollar Bill Blues (Taro & Jordan)
8. Summertime (弾き語り)
9. Love Me (Norah Jones)
10. Handsome Molly (弾き語り)
11. The Boxer (Jerry Douglas)
12. Swing Low, Sweet Chariot (弾き語り)
13. Nashville Skyline Rag (J. D. Crowe)

◆第110回 放送日 7月25日(水)

7月16日に92歳で他界された「カントリー・ミュージックの女王」、キティ・ウエルズのヒット・ソングから始まり、弾き語りで夏らしい歌を織り込み、最後は先月に引き続きドック・ワトソンの愛情たっぷりの歌声で締めくくりました。

1. It Wasn't God Who Made Honky Tonk Angels (Kitty Wells)
2. Making Believe (弾き語り)
3. The Only One (Mipso Trio)
4. Love Letters In The Sand (弾き語り)
5. Sugar Foot Rag (Billy Contreras)
6. Rose Of My Heart (弾き語り)
7. I Went Back Home Today (The Boxcars)
8. Seven Spanish Angels (弾き語り)
9. Glendy Burk (Joe Weed)
10. Voila! An American Dream (弾き語り)
11. Kaulana Kawaihae (Izrael Kamakawiwo'ole)
12. Down By The Salley Garden (弾き語り)
13. Old Rueben No. 1 (Don Stover)
14. What Am I Living For (Doc Watson)

◆第109回 放送日 6月27日(水)

5月29日に89歳で他界されたドック・ワトソンを追悼して、彼のアルバム、そして、稲葉和裕の弾き語りでドックの軌跡をたどりました。ドック・ワトソンには多くの曲をレコードなどを通して教えていただきました。その感謝をこめて歌いました。

1. Black Mountain Rag (Doc Watson)
2. Old Time Camp Meeting (弾き語り)
3. Old Rueben (Doc Watson & Clarence Ashley)
4. Deep River Blues (弾き語り)
5. Milk Cow Blues (Doc & Merle Watson)
6. Nobody Knows But Me (弾き語り)
7. Shake, Rattle And Roll (Doc Watson)
8. Along The Road (弾き語り)
9. The Banks Of The Ohio (The Three Pickers)
10. Shady Grove (弾き語り)
11. Memories Of You (Bill Monroe & Doc Watson)
12. Don't Let Your Deal Go Down (弾き語り)
13. Doc's Guitar (Doc Watson)
14. Your Long Journey (Doc Watson)

◆第108回 放送日 5月23日(水)

「稲葉和裕ブルーグラス・キャンプ」で総合司会を務めていただきましたエディ上田氏をゲストにお迎えして、キャンプ・イベントの話題をお届けしました。音源は、稲葉和裕のデビュー・アルバムから最新アルバムまで順を追ってご紹介させていただきました。

1. Troubles Around My Door (稲葉和裕)
2. The Letter I Never Mailed (弾き語り)
3. Lovesick And Sorrow (稲葉和裕)
4. I Just Got Wise (弾き語り)
5. I Wish You Knew (稲葉和裕)
6. Where The Wild River Rolls (弾き語り)
7. Cold, Cold Heart (稲葉和裕)
8. Are You Wasting My Time (弾き語り)
9. She Thinks I Still Care (稲葉和裕)
10. Tennessee 1949 (Larry Sparks)
11. The Bands In Town (Del McCoury)

◆第107回 放送日 4月25日(水)

3月28日に88歳で他界された「ブルーグラス・バンジョーの神様」、アール・スクラッグスを偲んで、彼の偉大な功績を曲をお聴きいただきながら、ご紹介しました。

1. Foggy Mountain Breakdown (Flatt & Scruggs)
2. Love And Wealth (弾き語り)
3. Why Did You Wander (Bill Monroe & His Blue Grass Boys)
4. Cora Is Gone (弾き語り)
5. Jimmie Brown, The Newsboy (Flatt & Scruggs)
6. You're Driftin' Away (弾き語り)
7. Flint Hill Special (Flatt & Scruggs)
8. A Hundred Years From Now (弾き語り)
9. Country Comfort (Earl Scruggs & Elton John)
10. My Cabin In Caroline (弾き語り)
11. Sallie Ann (Earl Scruggs with John McEuen)
12. Salty Dog Blues (弾き語り)
13. Pearl, Pearl, Pearl (Flatt & Scruggs)
14. Roll In My Sweet Baby's Arms (Flatt & Scruggs)

◆第106回 放送日 3月28日(水)

今月、2年振りに来日したロックのスーパースター、レオン・ラッセルの音楽と彼の友人とのセッション・アルバムなどをご紹介しました。

1. No Man's Land (Leon Russell)
2. The Love That Faded (弾き語り)
3. Wayside Park (Butch Robins)
4. Little Annie (弾き語り)
5. I Saw The Light (Willie Nelson & Leon Russell)
6. Green Rolling Hills of West Virginia (弾き語り)
7. Walkin' Blues (Chris Simmons)
8. The Blues Come Around (弾き語り)
9. When Love Is Dying (Elton John & Leon Russell)
10. Take These Chains From My Heart (弾き語り)
11. This Masquerade (Carpenters)
12. A Song For You (Leon Russell)

◆第105回 放送日 2月22日(水)

冷たい雨が降る夜、アメリカン・ミュージックをお楽しみいただきました。番組の最後は、2月11日に他界されたホイットニー・ヒューストンを追悼して、ドリー・パートンの「オールウェイズ・ラヴ・ユウ」をお聴きいただきました。

1. How Many Times (Dan Tyminski)
2. East Bound Freight Train (弾き語り)
3. House Of The Risin' Sun (Tim O'Brien)
4. The Wild Side Of Life (弾き語り)
5. Rocky Top (Rose Maddox)
6. Snowbird (弾き語り)
7. Blue Is My Heart (Holly Williams)
8. Tennessee Border (弾き語り)
9. Parmanently Lonely (The Little Willies)
10. Help Me Make It Through The Night (弾き語り)
11. I'm Going Back To Old Kentucky (The Osborne Brothers)
12. Home Of The Blues (弾き語り)
13. I Will Always Love You (Dolly Parton)

◆第104回 放送日 1月25日(水)- 2012年

冷たい冬の夜、久しぶりにさくらFMのスタジオで生放送となりました。やはり、生放送の緊張感はいいですね。今回は、しっとりとした曲をお楽しみいただきました。

1. Remember Me (The Little Willies)
2. Little Willie (弾き語り)
3. Suicide Blues (Don Stover)
4. Just Wondering Why (弾き語り)
5. Frankie And Johnny (Doc Watson & David Grisman)
6. Hang Your Head In Shame (弾き語り)
7. Loretta (Norah Jone with G. Welch & D. Rawlings)
8. Please Don't bWake Me (弾き語り)
9. Missouri Waltz (The Collins Kids)
10. Virginia Waltz (弾き語り)
11. Hold On To Your Dreams (Larry Sparks)
12. Eight More Miles To Louisville (弾き語り)
13. Are You Afraid To Die (弾き語り)
14. Sixteen Tons (Leon Russell)

◆第103回 放送日 12月28日(水)

ハンク・ウイリアムズの未発表曲を収録した"The Lost Notebooks of Hank Williams"や、1970年代に日本で素晴らしいライヴレコーディングを残したラルフ・スタンレーやカントリー・ジェントルメンをご紹介しました。
久しぶりにバンジョー演奏やバンジョー弾き語りにも挑戦しました。

1. Fox On The Run (The Country Gentlemen)
2. Ole Liza Jane (バンジョー演奏)
3. You've Been Lonesome Too (Alan Jackson)
4. Blue Love (In My Heart) (弾き語り)
5. Faded Love and Winter Roses (Hank Williams)
6. My Son Calls Another Man Daddy (弾き語り)
7. I Hope You Shed A Million Tears (Vince Gill & Rodney Crowell)
8. Annie Laurie (弾き語り)
9. Love Me Darling Just Tonight (Ralph Stanley)
10. A Mansion On The Hill (弾き語り)
11. Blue Moon Of Kentucky (Laurie Lewis)
12. Silver Wings (弾き語り)
13. Auld Lang Syne (バンジョー弾き語り)

◆第102回放送日 11月23日(
・水)

「勤労感謝の日」ということで収録となりました。ディキシーランド・ジャズ、カントリー、ブルーグラス・ランブルなど幅広いジャンルからの選曲となりました。珍しく自宅のラジオでリアルタイムで楽しみました。

1. Ice Cream (Wynton Marsalis & Eric Clapton)
2. Colleen Malone (弾き語り)
3. Autumn Leaves (Willie Nelson)
4. Falling Leaves (弾き語り)
5. Mona Lisa (Natalie Cole)
6. My Blue-eyed Jane (弾き語り)
7. Don't Say Goodbye If You Love Me (Doc Watson)
8. Home Of The Blues (弾き語り)
9. Back Street Girl (Jennifer Warnes)
10. I'll Be Your Baby Tonight (弾き語り)
11. Lovesick Blues (ブルーグラス・ランブル)
12. Thy Burdens Are Greater Than Mine (弾き語り)
13. Listening To The Rain (The Osborne Brothers)

◆第101回放送日 10月26日(水)

秋の夜長、しっとりとしたアメリカン・ミュージックでお楽しみいただきました。新譜と懐かしい音源に弾き語りが絡んだ一時間でした。

1. Old Ten Broeck (Laurie Lewis)
2. Kinfolks In Carolina (弾き語り)
3. Close By (Del McCoury)
4. Catfish John (弾き語り)
5. I Can't Stop Loving You (Reno & Smiley)
6. On Top Of Old Smoky (弾き語り)
7. City Of New Orleans (The Seldom Scene)
8. The Gum Tree Canoe (弾き語り)
9. Nobody's Darling But Mine (The Louvin Brothers)
10. Love Hurts (弾き語り)
11. Blue Eyes Crying In The Rain (J. D. Crowe)
12. This World Is Not My Home (弾き語り)
13. Song Of Bernadette (Jennifer Warnes)

◆第100回放送日 9月28日(水)

記念すべきミュージック・ジャーニー100回目の放送は、今年でちょうど生誕100年を迎えた「ブルーグラスの父」、ビル・モンローの音楽とモンローの影響を受けたアーティストの音源をご紹介しました。弾き語りも、もちろん、ビル・モンロー特集の夜でした。

1. Why Did You Wander (Bill Monore)
2. Memories Of Mother And Dad (弾き語り)
3. Lester, Bill And Earl (Benny Martin)
4. Summertime Is Past And Gone (弾き語り)
5. Uncle Pen (Leon Russell)
6. Travelin' Down This Lonesome Road (弾き語り)
7. Jerusalem Ridge (Kenny Baker)
8. On Top Of Old Smoky (弾き語り)
9. Molly And Tenbrooks (Bill Monore)
10. Little Cabin Home On The Hill (弾き語り)
11. White House Blues (Del McCoury)
12. Is The Blue Moon Still Shinin' (弾き語り)
13. My Old Kentucky And You (Bill Monore)
14. Lonesome Moonlight Waltz (Kenny Baker)

◆第99回放送日 8月24日(水)

スタットラー・ブラザーズの名曲をレパートリーにして人気を博しているデイリー&ヴィンセントから始まり、しっとりと清々しく夏の夕べの一時をお楽しみいただきました。弾き語りでは、初めて歌や懐かしい歌を選びました。

1. Susan When She Tried (Dailey & Vincent)
2. Busted (弾き語り)
3. Don't Forget Yourself (The Statler Brothers)
4. Walk On Boy (弾き語り)
5. Nine Pound Hammer (Merle Travis)
6. Gentle Annie (弾き語り)
7. Man Of The Hour (Norah Jones)
8. Fifteen Years Ago (弾き語り)
9. Lady Be Good (Johnny Gimble)
10. Deep River Blues (弾き語り)
11. Are You Tied Of Me My Darling (The Shenandoah Cut-ups)
12. Gonna Lay Down My Old Guitar (弾き語り)
13. Gunfighter's Revenge (Larry Sparks)

◆第98回放送日 7月27日(水)

7月8日に他界した偉大なるブルーグラス・フィドラー、ケニー・ベイカーのフィドルや、御大ビル・モンローのレコーディングを中心にお楽しみいただきました。久しぶりにマンドリンのインストルメンタルにも挑戦してみました。

1. Dailey's Reel (Kenny Baker)
2. My Deceiful Heart (弾き語り)
3. My Sweet Blue Eyed Darling (Bill Monroe)
4. Melissa's Waltz For J. B. (マンドリン演奏)
5. Lady Madonna (Butch Robins)
6. Sittin' On Top Of The World (弾き語り)
7. Loretta (Nora Jones w/G. Welch & D. Rawlings)
8. Pick Me Up On Your Way Down (弾き語り)
9. John Henry (Bill Monroe)
10. Lovin' You Too Well (弾き語り)
11. My Rose Of Old Kentucky (The Osnorne Brothers)
12. I Don't Love Nobody (マンドリン演奏)
13. She's Young (But I'm Growin' Old)
14. Wake Up (Butch Robins)

◆第97回放送日 6月22日(水)

今回は、アメリカ旅行から持ち帰った新譜CDなどをご紹介しながら、旅のお土産話をお楽しみいただきました。

1. Take Your Time (The Boxcars)
2. Dream Of A Miner's Child (弾き語り)
3. I Still Miss Someone (Laura Cash with Johnny Cash)
4. My Baby's Gone (弾き語り)
5. Sweet Sunny South (Hartford-Rice-Clements)
6. Green Pastures In The Sky (弾き語り)
7. Paper Airplane (Alison Krauss + Union Station)
8. I Wonder If You Feel The Same Way I Do (弾き語り)
9. Little Log Cabin In The Lane (The Boxcars)
10. Lights Of Louisianne (弾き語り)
11. I'll Fly Away (Del McCoury with the Preservation Hall Jazz Band)
12. Snowflake Breakdown (Brian Christianson)

◆第96回放送日 5月25日(水)

今回は、「ブラザー・デュオ」などで表現される兄弟で活躍したグループをご紹介しました。また、アメリカ旅行のため、収録でお送りいたしました。

1. I Can't See The Rainbow (The Osborne Brothers)
2. Two Little Girls In Blue (弾き語り)
3. When The Saints Go Marchin' In (The Monroe Brothers)
4. Childhood Play (弾き語り)
5. When I Stop Dreamin' (The Louvin Brothers)
6. Home Sweet Home (ギター演奏)
7. Your Long Journey (Tim & Mollie O'Brien)
8. Memories Of You Dear (弾き語り)
9. I'll Go To My Grave Loving You (The Statler Brothers)
10. Dear Brother (弾き語り)
11. I Know My Lord's Gonna Lead Me On (Charlie, Birch & Bill Monroe)
12. Railroad Lady (弾き語り)
13. Song For The Life (弾き語り)

◆第95回放送日 4月27日(水)

ラリー・スパークスの新譜、4月に他界したヘイゼル・ディケンズや、ドン・ギブソンの歌を数曲、弾き語りでお楽しみいただきました。

1. Almost Home (Larry Sparks)
2. Sea Of Heartbreak (弾き語り)
3. Act Naturally (Leon Russell)
4. Someday You'll Calll My Name (弾き語り)
5. Mama's Hand (Hazel Dickens)
6. A Legend In My Time (弾き語り)
7. Tennessee Stud (The Little willies)
8. Always On My Mind (弾き語り)
9. Come Back To Old Santa Fe (Peter Rowan & Tony Rice)
10. Picture On The Wall (弾き語り)
11. Colleen Malone (Hot Rize)
12. The Other Side Of Life (弾き語り)

◆第94回放送日 3月23日(水)

3月11日に発生した東北関東大震災を受け、希望に向かって勇気づけられる音楽を心がけました。被災地の一日も早い復興と、被災者の皆様の平穏な生活が早く戻ることを心からお祈り申し上げます。

1. Louisiana 1927 (Aaron Neville)
2. Don't Let Your Sweet Love Die
(弾き語り)
3. Tumbleweed
(Peter Rowan)
4. Muddy Water
(弾き語り)
5. Hard Times Come Again No More
(Jennifer Warnes)
6. The Storms Are On The Ocean
(弾き語り)
7. Where Dear Friends Will Never Part
(Keith Little)
8. 'Til The Rivers All Run Dry
(弾き語り)
9. Bridge Over Troubled Water
(Simon & Garfunkel)
10. Talk About Suffering
(弾き語り)
11. Ol' Man River
(Paul Robson)
12. When You And I Were Young, Maggie
(弾き語り)

◆第93回放送日 2月23日(水)

去る2月13日に発表されたグラミー賞にノミネートされた作品、そして、彼らと関連のある曲を弾き語りで歌わせていただきました。

1. M.I.S.I.P (The John Hartford Stringband)
2. The Gum Tree Canoe
(弾き語り)
3. Circles Around Me (Sam Bush)
4. A Good Woman's Love
(弾き語り)
5. Barbaric Splendor (Del McCoury)
6. Rain Please Go Away
(弾き語り)
7. Jailer Jailer (Peter Rowan)
8. You Make Me Feel Like A Man
(弾き語り)
9. If It Wasn't For Bad (Elton John & Leon Russell)
10. The Window Up Above
(弾き語り)
11. Delta Queen Waltz (The John Hartford Stringband)
12. If I Can Stay Away Long Enough
(弾き語り)
13. Fade Out (John Hartford)

◆第92回放送日 1月26日(水)−2011年

新年最初の番組ということで弾き語りは、新曲をお楽しみいただきました。
今年も生放送、「ミュージック・ジャーニー」をお楽しみに!

1. Remembering
(Del McCoury)
2. Old Faded Pictures
(弾き語り)
3. Walk Over God's Heaven
(Alison Krauss & the Cox Family)
4. Nellie Kane
(弾き語り)
5. Footprints in The Snow
(Bill Monroe)
6. Don't Worry
(弾き語り)
7. Dark Hollow
(Jack Cooke)
8. Paradise
(弾き語り)
9. I'm Knockin' On Your Door
(ブルーグラス・ランブル)
10. Catfish John
(弾き語り)
11. 1-800-DO-U-CARE
(Larry Sparks with Rhonda Vincent)
12. Waterloo Road
(弾き語り)
13. I'll See You In My Dreams
(Jim Mills)

◆第91回放送日 12月22日(水)

CDと弾き語りで、ゆったりとクリスマス・ソング特集をお届けしました。
マンドリンも数曲で披露させていただきました。
来年のミュージック・ジャーニーも、どうぞ、お楽しみに!

1. Making Plans (Tim O'Brien)
2. Christmas Time Is Near (弾き語り)
3. The Christmas Song (Natalie & Nat King Cole)
4. It Came Upon The Midnight Clear (弾き語り)
5. Christmas Story (Nashville Bluegrass Band)
6. O Little Town Of Bethlehem (弾き語り)
7. Go Tell It On The Mountain (James Taylor)
8. Christmas To Me (弾き語り)
9. O Holy Night (レインボー・ヴァレー・カントリー・バンド)
10. Jingle Bells (弾き語り)
11. Christmas In My Heart (Ray Charles)
12. The First Noel / Silent Night (弾き語り)
13. Auld Lang Syne (Joe Weed)

◆第90回放送日 11月24日(水)

最近、入手した新譜からお薦めの歌をご紹介するとともに、新曲の弾き語りをお楽しみいただきました。

1. The Family Demon (Peter Rowan)
2. El Paso (弾き語り)
3. Gonna Try To Make Her Stay (Tim O'Brien)
4. A Lover's Concerto (弾き語り)
5. A Dream Come True (Elton John & Leon Russell)
6. Just Someone I Used To Know (弾き語り)
7. Will You Love Me Tomorrow (Carole King & James Taylor)
8. Keep On The Sunny Side (弾き語り)
9. Let Me Walk Lord By Your Side (Keith Little with Peter Rowan)
10. Can't Help Fallin' In Love (弾き語り)
11. In The Hands Of Angels (Leon Russell & Elton John)
12. By The Time I Get To Phoenix (弾き語り)

◆第89回放送日 10月27日(水)

歴史に残る数々の名曲を有名アーティストたちが敬意を持ってカヴァーした作品をご紹介しました。


1. Oh, Lonesome Me
(Ray Charles)
2. A Fool Such As I
(弾き語り)
3. Kentucky Waltz
(The Osborne Brothers)
4. Let It Be
(弾き語り)
5. Crazy
(LeAnn Rimes)
6. City Lights
(弾き語り)
7. He Thinks I Still Care
(Patty Loveless)
8. Top Of The World
(弾き語り)
9. Hound Dog
(James Taylor)
10. Old Pal Of My Heart
(弾き語り)
11. Tennessee Waltz
(Emmylou Harris)
12. What A Wonderful World
(弾き語り)
13. I Dreamed About Mama Last Night
(Johnny Cash)

◆第88回放送日 9月22日(水)

女性カントリー・シンガーたちが残した名曲を特集しました。
普段、歌わない女性シンガーの曲を弾き語りでお届けしました。

1. Endless Stream Of Tears
(Dolly Parton)
2. Making Believe
(弾き語り)
3. Walkin' After Midnight
(Patsy Cline)
4. Crazy
(弾き語り)
5. He Thinks I Still Care
(Patty Loveless)
6. Those Memories Of You
(弾き語り)
7. When You Say Nothing At All
(Alison Krauss)
8. It Wasn't God Who Made Honky Tonk Angels
(弾き語り)
9. Making Plans
(Trio)
10. Blue Kentucky Girl
(弾き語り)
11. I Wish It Would Rain
(The Lynn Morris Band)
12. She's Got You
(弾き語り)
13. Hard Times, Come Again No More
(Jennifer Warnes)

◆第87回放送日 8月25日(水)

ジプシー・スイング・ジャズ・ギタリストの山本佳史氏をゲストに、スタジオ・ライヴで盛り上がったあっという間の一時間でした。山本氏のお薦めジャンゴ・ラインハルトやジプシー・ジャズのCDもご紹介させていただきました。

1. Two Timing Woman
(Freddy Powers)
2. All Of Me
(稲葉和裕&山本佳史 弾き語り)
3. Minor Swing
(Django Reinhardt)
4. Summertime
(稲葉和裕&山本佳史 弾き語り)
5. Gonna Try To Make Her Stay
(Tim O'Brien)
6. Sweet Georgia Brown
(稲葉和裕&山本佳史 弾き語り)
7. Smile
(Cafe Manouche)
8. Pistol Packing Mama
(稲葉和裕&山本佳史 弾き語り)
9. Caravan
(The Rosenberg Trio)
10. You Don't Know Me
(稲葉和裕&山本佳史 弾き語り)
11. Can't Help Fallin' In Love
(Andrea Bocelli)
12. Alabama Jubilee
(稲葉和裕&山本佳史 弾き語り)

◆第86回放送日 7月28日(水)

テキサス・スイング、ブルーグラス、ポピュラーなどとジャンルを超えた選曲でお楽しみいただきました。

1. Somewhere South Of San Antonio
(Johnny Gimble w/Vince Gill)
2. Maiden's Prayer
(弾き語り)
3. On The Fourth Of July
(James Taylor)
4. Bluegrass Country
(弾き語り)
5. Banks Of The Ohio
(Bluegrass Gentlemen)
6. Jimmie's Texasa Blues
(弾き語り)
7. Spanish Is A Loving Tongue
(Michael Martin Murphey)
8. A Woman Without A Home
(弾き語り)
9. Your Love Is Like A Flower
(The Osborne Brothers)
10. If I Needed You
(稲葉和裕、古橋一晃、坂本愛江)
11. Exactly Like You
(Willie Nelson)
12. All I Have To Do Is Dream
(弾き語り)

◆第85回放送日 6月23日(水)

アメリカ旅行のお土産話を交えて、最近、入手したアルバムや、映画「クレイジー・ハート」関連の歌などをお楽しみいただきました。

1. Love Grown Cold (The John Hartford Stringband)
2. Early Morning Rain (弾き語り)
3. Fond Affection (Maro Kawabata)
4. My Baby's Gone (弾き語り)
5. Foggy River (Ricky Skaggs)
6. Tender Years (弾き語り)
7. Help! (Charles River Valley Boys)
8. Gambling Bar Room Blues (弾き語り)
9. I Can't Get You Off Of My Mind (Claire Lynch)
10. Oh, Lonesome Me (レインボー・ヴァレー・カントリー・バンド)
11. Apple Blossom (Sam Bush)
12. If I Needed You (弾き語り)
13. You Don't Notice Me Ignoring You (John Hartford)

◆第84回放送日 5月26日(水)

ミュージック・ジャーニーの放送日、ちょうど「アメリカ南部の旅」で訪れているアラバマ州モントゴメリーは、ハンク・ウイリアムズの故郷。今夜は、ハンク・ウイリアムズの世界をたっぷりとお楽しみいただきました。

1. Lovesick Blues (Hank Williams)
2. Pan American (弾き語り)
3. Hank Williams, You Wrote My Life (Moe Bandy)
4. Kaw Liga (弾き語り)
5. I Can't Get You Off Of My Mind (Claire Lynch)
6. A Mansion On The Hill (弾き語り)
7. You're Gonna Change (Or I'm Gonna Leave) (George Jones)
8. Wedding Bells (弾き語り)
9. You Win Again (Ray Charles)
10. Crazy Heart (ブルーグラス・ランブル)
11. Six More Miles (弾き語り)
12. Cold, Cold Heart (Connie Francis)
13. Your Cold, Cold Heart Is Melted Now (弾き語り)
14. I'll Never Get Out Of This World Alive (Hank Williams)

◆第83回放送日 4月28日(水)

ゴールデン・ウィーク直前の春の宵、広いジャンルからのアーティストの音楽をお楽しみいただきました。

1. The Prisonor's Song (Del McCoury)
2. I Know What It Means To Be Lonesome (弾き語り)
3. You've Got A Friend (Carole King with James Taylor)
4. Why Don't You Love Me (弾き語り)
5. Forever Young (Tim O'Brien)
6. Someday You'll Call My Name (弾き語り)
7. That's Alright Mama (Elvis Presley)
8. Blue Moon Of Kentucky (レインボー・ヴァレー・カントリー・バンド)
9. It Wouldn't Be The Same Without You (弾き語り)
10. Ain't That A Good News (Kathleen Battle)
11. Wildwood Flower (弾き語り)
12. I'll Be Your Baby Tonight (弾き語り)
13. Who's Sorry Now (弾き語り)
14. From A Distance (Bett Midler)

◆第82回放送日 3月24日(水)

冷たい春雨の宵に聴く「雨の歌」特集。一雨ごとに春に近づきます。

1.
Flower On The Wall (Dailey & Vincent)
2. Wild Horses (弾き語り)
3. Deep River Blues (Doc Watson)
4. Raindrops Keep Fallin' On My Head (弾き語り)
5. Fire And Rain (James Taylor)
6. Rhythm Of The Rain (弾き語り)
7. It's Raining (Jennifer Warnes)
8. March Wind (ブルーグラス・ランブル)
9. Darcy Farrow (弾き語り)
10. Do You Know You Are My Sunshine (The Statler Brothers)
11. Blue Eyes Cryin' In The Rain (弾き語り)

◆第81回放送日 2月24日(水)

急に春らしくなった今宵、カントリー、ブルーグラス、ポピュラーの有名アーティストによるデュエット特集をお送りしました。

1. Making Plans (Dolly Parton & Porter Wagoner)
2. Hot Buttered Rum
(弾き語り)
3. Those Blue Eyes Don't Sparkle Anymore
(Larry Sparks & Del McCoury)
4. Snowbird
(弾き語り)
5. Memories Of You
(Bill Monroe & Doc Watson)
6. Don't Tell Me Your Troubles
(弾き語り)
7. I Saw The Light
(Leon Russell & Willie Nelson)
8. Elizabeth
(弾き語り)
9. Do I Ever Cross Your Mind?
(Ray Charles & Bonnie Raitt)
10. From A Distance
(弾き語り)
11. How's The World Treating You?
(James Taylor & Alison Krauss)
12. One Takes The Blame
(弾き語り)
13. I Still Miss One
(Nanci Grifith & Rodney Crowell)

◆第80回放送日 1月24日(水)−2010年

今年のミュージック・ジャーニーは、生放送が多くなります。
外は冷えますが、ホットなCDと暖かい弾き語りでお送りいたしました。
今年も、ミュージック・ジャーニーをお楽しみに。

1. Church Street Blues
(Bryan Sutton)
2. I've Endured
(弾き語り)
3. Wichita Lineman
(James Taylor)
4. You Done Me Wrong
(弾き語り)
5. Tune For Andy
(Kenny Baker)
6. Lonesome Road Blues
(弾き語り)
7. My Baby's Just Like Money
(Merle Haggard)
8. She's Got You
(弾き語り)
9. Fiddler's Green
(Tim O'Brien)
10. What Is A Home Without Love
(弾き語り)
11. On That Gospel Ship
(Monroe Brothers)
12. Are You From Dixie?
(ブルーグラス・ランブル)
13. For Cryin' Out Loud
(弾き語り)

◆第79回放送日 12月23日(祝・水)

クリスマス直前ということいで、クリスマス・ソング特集をさせていただきました。クリスマス・ソングを聴きながら、今年一年を振り返っていただき、新たな年に希望を持っていただければと願いを込めました。

1. Christmas Time's A-Coming
(Peter Rowan)
2. O Little Town Of Bethlehem
(弾き語り)
3. The First Noel/It Came Upon/Joy To The World
(Doyle Lawson)
4. Mary's Sweet Smile
(弾き語り)
5. Winter Wonderland
(James Taylor)
6. Beautiful Star Of Bethlehem
(弾き語り)
7. Sweet Little Jesus Boy
(Natalie Cole)
8. Brahms' Bethlehem Lullaby
(弾き語り)
9. Jingle Bells
(Earl Scruggs)
10. What Child Is This?
(弾き語り)
11. All I Want Is Mary For Christmas
(The Lonesome River Band)
12. Blue Christmas
(弾き語り)
13. Christmas Time Is Near
(弾き語り)
14. Silent Night
(弾き語り)
15. Auld Lang Syne
(David Grisman & Bela Fleck)

◆第78回放送日 11月25日(水)

アメリカで仕入れた最新ブルーグラス・アルバムをご紹介しながら、生放送ならではのリクエスト曲に即興対応させていただきました。今夜は、テーブルの上に数百曲が入ったバインダーが並べられていました。

1. I Would Not Be Denied (The Lilly Brothers)
2. I've Been All Around This World
(弾き語り)
3. Don't Lie To Me
(Adam Steffey)
4. Peach Pickin' Time In Georgia
(弾き語り)
5. Church Street Blues
(Bryan Sutton)
6. Tom Dooley
(弾き語り)
7. When I Stop Dreamin'
(稲葉和裕)
8. Yesterday Once More
(弾き語り)
9. Blue Virginia Blues
(ブルーグラス・ランブル)
10. What A Wonderful World
(弾き語り)
11. Midnight On The Stormy Deep
(Sam Bush)
12. A Legend In My Time
(弾き語り)
13. Cabin In Caroline
(The Osborne Brothers)

◆第77回放送日 10月28日(水)

ニュー・アルバム、「カントリー・ハート」から1曲、アメリカ旅行と関連した歌など、弾き語りと共にお楽しみいただきました。

1. San Antonio Rose (稲葉和裕)
2. Keep Me From Blowin' Away (弾き語り)
3. Country Boy (Ricky Skaggs)
4. Where I'm Bound (弾き語り)
5. Molly And Tenbrooks (Bill Monroe)
6. Don't Let Our Love Die (弾き語り)
7. Red-winged Blackbird (Kathy Mattea)
8. Late In The Day (弾き語り)
9. Big Spike Hammer (ブルーグラス・ランブル)
10. Give My Love To Rose (弾き語り)
11. I'll Be Your Baby Tonight (Flatt & Scruggs)
12. The Cowboy And The Lady (弾き語り)
13. The Look Of A Perfect Diamond (Del McCoury Band)

◆第76回放送日 9月23日(祝・水)

アメリカ音楽の歴史に残るアイコン、「カントリー・ミュージックの父」、ジミー・ロジャーズの音楽を各界を代表するアーティストと、弾き語りを織り交ぜ、ご紹介しました。とても短い一時間でした!

1. Blue Yodel (Jimmie Rodgers)
2. Daddy And Home (弾き語り)
3. Muleskinner Blues (Bill Monroe)
4. Nobody Knows But Me (弾き語り)
5. In The Jailhouse Now (The Soggy Bottom Boys)
6. Waitin' For A Train (弾き語り)
7. Any Old Time (Alison Krauss)
8. Frankie And Johnny (弾き語り)
9. Travelin' Blues (Lefty Frizzell)
10. In The Hills Of Tennessee (弾き語り)
11. Mississippi River Blues (Nashville Bluegrass Band)
12. Hobo's Meditation (弾き語り)
13. Sleep Baby Sleep (Doc Watson)
14. Somewhere Down Below The Dixon Line (Jimmie Rodgers)

◆第75回放送日 8月26日(水)

暑い夏に涼しさを感じていただける音源や弾き語りをお楽しみいただきました。

1. Devil Went Down To Georgia (Buddy Spicher)
2. Columbus Stockade Blues (弾き語り)
3. Ahi Wela/Twinkle Twinkle Little Star (Israel Kamakawiwoole)
4. Love Letters In The Sand (弾き語り)
5. Jamaica Farewell (Harry Belafonte)
6. Harbor Lights (弾き語り)
7. Folsom Prison Blues (Johnny Cash)
8. East Bound Freight Train (弾き語り)
9. Danny Boy (稲葉和裕)
10. Wait A Minute (弾き語り)
11. I'll Fly Away (Alan Jackson)
12. Forsaken Love (弾き語り)
13. Wildwood Flower (ギター演奏)
14. Forty Years Late (Butch Robins)

◆第74回放送日 7月22日(水)

ブルーグラスを始めた頃よく聴いていたドン・ストーヴァーや、今月、日本公演を成功させたサイモン&ガーファンクル、弾き語りでは久しぶりに歌う曲などをお楽しみいただきました。

1. White Oak Breakdown (Don Stover)
2. Miss The Mississippi And You (弾き語り)
3. Sunbonnet Mother (Don Stover)
4. Dreams (弾き語り)
5. The Sound of Silence (Simon & Garfunkel)
6. The Boxer (弾き語り)
7. I'm Gone, Long Gone (Reno & Smiley)
8. Take These Chains From My Heart (弾き語り)
9. I Don't Believe You've Met My Baby (Jerry Doulas)
10. Along The Road (弾き語り)
11. The Fastest Grass Alive (the Osborne Brothers)
12. A Drunkard's Child (弾き語り)
13. The Ring of Fire (Johnny Cash)

◆第73回放送日 6月24日(水)

5月末のナッシュヴィルでのレコーディングのお土産話、6月21日に開催されましたフォートワース・ジャンボリーでのブルーグラス・ヤングスターズのステージのことなどを話題に、最近リリースされたアルバムもご紹介しました。

1. The Legend Of Bill Monroe (Buddy Spicher)
2. Long Time Gone (弾き語り)
3. Muleskinner Blues (Bill Monroe)
4. Melancholy (弾き語り)
5. The Crooked Line (Elvis Costello)
6. He Rode All The Way To Texas (弾き語り)
7. Buck Creek Gal (Johnny Warren with Earl Scruggs)
8. My Darling Clementine (弾き語り)
9. I Needed You (Buddy Emmons)
10. Will The Circle Be Unbroken (弾き語り)
11. New Panhandle Rag (Laura Boosinger)
12. Have I Stayed Away Too Long? (弾き語り)
13. Roanoke(Buddy Spicher)

◆第72回放送日 5月27日(水)

ナッシュヴィルでの伝説のセッション・プレイヤーとのレコーディングに際して、「ナッシュヴィル・サウンド」と参加ミュージシャンをご紹介しました。
渡米中につき、事前収録ヴァージョンでお楽しみいただきました。

1. I Wonder How The Old Folks Are At Home (Statler Brothers)
2. Oh, Lonesome Me (弾き語り)
3. I'll Be All Smiles Tonight (Buddy Spicher)
4. Crazy (弾き語り)
5. Too Bad She Don't Love Me (Hargus "Pig" Robbins)
6. She Thinks I Still Care (弾き語り)
7. Alone And Forsaken (Bob Moore & 稲葉和裕)
8. Send Me The Pillow You Dream On (弾き語り)
9. Orange Blossom Special (Charlie McCoy)
10. Blue Eyes Crying In the Rain (ブルーグラス・ランブル)
11. From Where I Stand (Kathy Chiavola)
12. Please Help Me I'm Falling (弾き語り)
13. Sweet Dreams (Hargus "Pig" Robbins)

◆第71回放送日 4月22日(水)

新緑の綺麗な季節になりました。そろそろ、来月末のアメリカ旅行が気になってきました。今回は、盛りだくさんの内容でお送りしました。

1. I Can Hear Kentucky Callin' Me (Osborne Brothers)
2. Alabama (弾き語り)
3. Oh, Susanna (Joe Weed)
4. You Took My Sunshine (弾き語り)
5. Bill Cheatam (Bryan Bowers)
6. Give My Love To Rose (弾き語り)
7. In The Eyes Of A Child (Buddy Spicher)
8. Carolina Star (弾き語り)
9. Shady Grove (The Doc Watson Family)
10. All Of Me (レインボー・ヴァレー・カントリー・バンド)
11. Minor Swing (Django Reinhardt)
12. The Lone Pilgrim (弾き語り)
13. Next Sunday Darling Is My Birthday (Hank Williams)

◆第70回放送日 3月25日(水)

いよいよ「カントリー・ウインド2009」を数日後に控えた今回は、春の風に因んだ歌を数曲ご紹介させていただきました。

1. I've Never Been So Lonesome (Longview)
2. The Waltz Of The Wind (弾き語り)
3. Your Long Journey (Robert Plant & Alison Krauss)
4. Hold On To Your Dreams (弾き語り)
5. Alabama Jubilee (The Bluegrass Band)
6. Lonesome Wind Blues (弾き語り)
7. Remember Me (Tim & Mollie O'Brien)
8. White House Blues (ブルーグラス・ランブル)
9. I'll Never Change My Mind (The Lonesome Pine Fiddlers)
10. Save The Last Dance (弾き語り)
11. Act Naturally (尾崎紀世彦)
12. Georgia On My Mind (弾き語り)
13. Your Long Journey (弾き語り)

◆第69回放送日 2月25日(水)

有名アーティストが、素晴らしいアーティストをゲストに迎えた歌を特集しました。1曲で2倍楽しんでいただきました。

1. Goin' Back To Old Kentucky (Ricky Skaggs w/Earl Scruggs)
2. Deep Water (弾き語り)
3. Green, Green Grass Of Home (尾崎紀世彦)
4. Mountain Rosa Lee (弾き語り)
5. Must You Throw Dirt In My Face (Merle Haggard w/Carl Jackson)
6. No Doubt About It (弾き語り)
7. Exactly Like You (Willie Neslson w/Freddie Powers)
8. We Shall Overcome (弾き語り)
9. Daddy Sang Bass (Leon Russell w/Oak Ridge Boys)
10. Ah, May Red Roses Live Always (弾き語り)
11. John Deere Tractor (Larry Sparks w/Alison Krauss)
12. Hard Times Come Again No More (稲葉和裕 w/吉田悟士)

◆第68回放送日 1月28日(水)−2009年

多くのアーティストが尊敬して止まないハンク・ウイリアムズの歌を特集しました。たくさんのアーティストがカヴァーしていますので、到底1時間では収まりません。また企画したいと思います。

1. I Can't Get You Off Of My Mind (Claire Lynch)
2. I Could Never Be Ashamed Of You (弾き語り)
3. Wedding Bells (The Statler Brothers)
4. 'Neath The Cold Gray Tomb Of Stone (弾き語り)
5. Cold, Cold Heart (Harley Allen)
6. I Can't Help It (稲葉和裕ウイズ・フレンズ)
7. Hey, Good Lookin' (Ray Charles)
8. Someday You'll Call My Name (ブルーグラス・ランブル)
9. Your Cheatin' Heart (Louis Armstrong)
10. Jambalaya (On The Bayou) (Leon Russell)
11. My Heart Would Know (弾き語り)
12. I'm So Lonesome I Could Cry (Kathy Chiavola)
13. Lovesick Blues (Hank Williams)

◆第67回放送日 12月24日(水)

クリスマス・イヴの今宵は、ヘイ・ホラー・レコードからリリースされたCD、"Christmas With Hay Holler"から数曲と弾き語り、全編クリスマス・ソングをお贈りしました。

1. Christmas Time's A-Coming (Bluegrass Band)
2. The First Noel (弾き語り)
3. Beautiful Star Of Bethlehem (5 For The Gospel)
4. Silver Bells (弾き語り)
5. Christmas Is Near (Lost Highway)
6. O Little Town Of Bethlehem (弾き語り)
7. Christmas, What A Wonder (Cedar Hill)
8. A Beautiful Life (ブルーグラス・ランブル)
9. Christmas To Me (弾き語り)
10. Christmas Medley (Bluegrass Brothers)
11. Blue Christmas (弾き語り)
12. Christmas Eve In The Ozarks (Cedar Hill)
13. Silent Night (弾き語り)

◆第66回放送日 11月26日(水)

「ホームステイの旅」から持ち帰ったCDを中心に、お土産話を織り交ぜてお楽しみいただきました。

1. The L & N Don't Stop Here Anymore (Kathy Mattea)
2. Deep River (弾き語り)
3. Whose Shoulder Will You Cry On (Dan Tyminski)
4. Beneath Still Waters (弾き語り)
5. Knock, Knock! (Adam Steffey)
6. The Water Is Wide (弾き語り)
7. Like A Train Needs A Track (Lonesome River Band)
8. Silver Haired Daddy Of Mine (ブルーグラス・ランブル)
9. Cold, Cold Heart (弾き語り)
10. Big Springs Texas (Buddy Spicher)
11. Down By The Riverside (弾き語り)
12. Highway 40 Blues (Ricky Skaggs)
13. Bridge Over Troubled Water (弾き語り)

◆第65回放送日 10月22日(水)

「ホームステイの旅」でアメリカ滞在中の放送になりました。ゲストに稲葉和裕ファンクラブ事務局長、上田正三さんをお迎えして、アメリカ・ツアーやファンクラブの活動内容などについてお話いただきました。

1. Ring Of Fire (Johnny Cash)
2. Blue Ridge Mountain Blues (弾き語り)
3. It's Too Late To Walk The Floor (Larry Sparks)
4. Take These Chains From My Heart (弾き語り)
5. You Win Again (Ray Charles)
6. Virginia Waltz (弾き語り)
7. Pick Me Up On Your Way Down (Bobby Osborne)
8. Lovesick Blues (レインボー・ヴァレー・カントリー・バンド)
9. Crawdad Song (Doc Watson & Clarence Ashley)
10. Don't Tell Me Your Troubles (弾き語り)
11. Shape Of Tear (Laynn Morris)
12. Traveling Blues (弾き語り)

◆第64回放送日 9月24日(水)

朝夕が涼しくなりました。初秋の夜をミュージク・ジャーニーの生放送でお楽しみいただきました。

1. Brother Jukebox (John Starling)
2. How's The World Treating You (弾き語り)
3. Foggy Mountain Top (Vern Williams)
4. Raindrops Keep Fallin' On My Head (弾き語り)
5. Lover Come Back To Me (Andrea Ladd)
6. Life Is Like A River (弾き語り)
7. Spanish Is A Loving Tongue (Michael Martin Murphy)
8. Thinking About You (ブルーグラス・ランブル)
9. Kaw Liga (Hank Williams)
10. Hank's Song (Ferlin Husky)
11. All I Have To Do Is Dream (弾き語り)
12. Last Thing On My Mind (Tony Rice)

◆第63回放送日 8月27日(水)

スタジオ録音にはない、臨場感あるライヴ・レコーディングの名演の数々を、弾き語りも織り交ぜお楽しみいただきました。

1. Midnight Flyer (Osborne Brothers)
2. Talk Of The Town (弾き語り)
3. Where Is My Sailor Boy? (Bill Monroe & Doc Watson)
4. Making Believe (弾き語り)
5. Let Me Touch You For A While (Alison Krauss)
6. Flora, The Lily Of The West (弾き語り)
7. Knockin' On Your Door (Muleskinner)
8. Darling Corey (ブルーグラス・ランブル)
9. Salty Dog Blues (Flatt & Scruggs)
10. Rock Salt And Nails (弾き語り)
11. Lodi (Emmylou Harris)
12. Cocaine Blues (Johnny Cash)

◆第62回放送日 7月23日(水)

本格的な夏の夜の生放送となりました。5月のアメリカ旅行で仕入れたCDを数枚、ご紹介させていただきました。

1. This Old Heart (Is Gonna Rise Again) (Ray Charles)
2. Voila, An American Dream (弾き語り)
3. The Garden (Tim O'Brien)
4. 500 Miles Away From Home (Bobby Bare)
5. Hometown (弾き語り)
6. Lonesome Fiddle Blues (Bryan Sutton with Tony Rice)
7. The Old Fols At Home (弾き語り)
8. Bad Country (Leon Russell)
9. Bluegrass Melodies (ブルーグラス・ランブル)
10. I'm Movin' On (Hank Snow)
11. Do You Remember These? (弾き語り)
12. Kentucky Waltz (Don Rigsby)

◆第61回放送日 6月25日(水)

ナッシュヴィルから持ち帰ったオズボーン・チーフ・バンジョーを弾き、歌いました。久しぶりのバンジョーの生演奏となりました。また、川端孝治氏をゲストにお迎えして、ジャム・セッションも展開しました。

1. Soldier's Joy (バンジョー演奏)
2. Your Love Is Like A Flower (Osborne Brothers)
3. Oh, Suzanna (弾き語り)
4. Why Did You Wander (Ricky Skaggs)
5. Standing In The Depot (弾き語り)
6. Jesus Walks Ahead Of Me (Larry Sparks)
7. I'll Never Get Out Of This World Alive (弾き語り)
8. Desperado (Clint Black)
9. A Fallen Star (弾き語り)
10. Foggy Rokko Mountain Breakdown (レインボー・ヴァレー・カントリー・バンド)
11. The Cattle Call (Eddy Arnold)
12. Lonesome Road Blues (ジャムセッション)
13. Little Cabin Home On The Hill (ジャムセッション)
14. The Old Spinning Wheel (Bryan Sutton)

◆第60回放送日 5月28日(水)

映画「アイム・ノット・ゼア」の公開をうけて、ボブ・ディランの歌やアメリカ旅行で訪れるケンタッキー、そして、フォスターの曲などをお楽しみいただきました。

1. Forever Young (Bob Dylan)
2. Forever Young (Tim O'Brien)
3. Don't Think Twice (弾き語り)
4. I'll Hold You In My Heart (Eddy Arnold)
5. My Old Kentucky Home (Joe Weed)
6. Old Black Joe (弾き語り)
7. Beautiful Dreamer (Buddy Spicher)
8. Hard Times Come Again No More (James Taylor)
9. Jimmie's Texas Blues (弾き語り)
10. Mom And Dad's Waltz (ブルーグラス・ランブル)
11. After You've Gone (Django Reinhardt)
12. You Ain't Go Nowhere (弾き語り)
13. Roll In My Sweet Baby's Arms (Leon Russell)

◆第59回放送日 4月23日(水)

30年前の懐かしい貴重なライヴ音源や酒心館でのレインボー・ヴァレー・カントリー・バンドによる「フォスターの美学」のライヴ音源などをお楽しみいただきました。

1. Hold To A Dream (Tim O'Brien)
2. Barbara Allen (弾き語り)
3. Theme song (Lilly Brothers)
4. With Tears In My Eyes (弾き語り)
5. I'll Go Steppin' Too (Shenandoah Cut-ups)
6. The Boxer (弾き語り)
7. Banks Of The Ohio (Bluegrass Gentlemen)
8. De Camptown Races (弾き語り)
9. Old Folks At Home (レインボー・ヴァレー・カントリー・バンド)
10. Lovesick Blues (Emmett Miller)
11. Blowin' In The Wind (弾き語り)
12. Delta Lady (Leon Russell)

◆第58回放送日 3月26日(水)

記念すべき「さくらFM開局10周年記念日」の放送となりました。番組では、カントリー以外のジャンルのアーティストによるカントリー・ソングをお楽しみいただきました。

1. Act Naturally (Leon Russell)
2. A Fool Such As I (弾き語り)
3. Move It On Over (Ray Charles)
4. Let It Be (弾き語り)
5. Roly Poly (Little Willies)
6. Scarborough Fair (弾き語り)
7. I Can't Get You Off Of My Mind (Bob Dylan)
8. Only You (弾き語り)
9. Hard Times, Come Again No More (ブルーグラス・ランブル)
10. She Thinks I Still Care (James Taylor)
11. Gentle Annie (弾き語り)
12. Your Cheatin' Heart (Louis Armstrong)

◆第57回放送日 2月27日(水)

時折、雪が舞う寒い一日でした。「寒い」、「雪」などが綴られた歌などをご紹介いたしました。

1. Cold Virginia Night (Ronnie Bowman)
2. You And My Old Guitar (弾き語り)
3. Walk On Boy (Doc & Richard Watson)
4. Back In The Saddle Again (弾き語り)
5. Blue Mountain Waltz (Michael Feagan)
6. Columbus Stockade Blues (弾き語り)
7. Cotton Eyed Joe (The Chieftans & Ricky Skaggs)
8. Wayside Tavern (弾き語り)
9. Highway Of Sorrow (ブルーグラス・ランブル)
10. Song For The Life (Alan Jackson)
11. Rock, Salt And Nails (弾き語り)
12. Goodnight Irene (The Chieftans & Willie Nelson)

◆第56回放送日 1月23日(水)−2008年

寒い夜は、FMラジオで「ミュージック・ジャーニー」。懐かしい音源から新譜、ブルーグラス・ランブルのライヴ・レコーディングを、弾き語りを織り交ぜながらお楽しみいただきました。

1. I Can't Get You Off Of Mind (Claire Lynch)
2. Till The End Of The World Rolls Round (弾き語り)
3. Old Liza Jane (Don Stover)
4. Sunbonnet Mother (Don Stover)
5. Fraulein (弾き語り)
6. Waiting For A Train (John Starling)
7. Seven Daffodils (弾き語り)
8. I'm So Lonesome I Could Cry (Kathy Chiavola)
9. Cowboy Jack (ブルーグラス・ランブル)
10. Nine Pound Hammer (弾き語り)
11. Turn Me On (Norah Jones)
12. Old Folks At Home (弾き語り)
13. Sweet Baby James (James Taylor)

◆第55回放送日 12月26日(水)

昨年に引き続きクリスマス・コンサートに参加してくれたマイク・コンプトン氏をゲストにギターとマンドリンの演奏をお楽しみいただきました。コンプトン氏の所属するナッシュヴィル・ブルーグラス・バンドのCD音源などをご紹介しました。

1. Things In Life (Mike Compton & 稲葉和裕)
2. Travelin' Railroad Man Blues (Nashville Bluegrass Band)
3. Alabama Baby (Mike Compton & 稲葉和裕)
4. Black's Run (Mike Compton & David Long)
5. Honey Babe (Doc Watson)
6. Wayfaring Stranger (Mike Compton & 稲葉和裕)
7. Far Side Banks Of Jordan (Patty Loveless & Kris Kristofferson)
8. Arkansas Traveler (Mike Compton & 稲葉和裕)
9. Unknown song (unknown)
10. Nashville Blues (Mike Compton & 稲葉和裕)
11. Garfield's Blackberry Blossom (Nashville Bluegrass Band)

◆第54回放送日 11月28日(水)

この2ヶ月の間にポーター・ワゴナー氏とハンク・トンプソン氏が亡くなられましたので、彼らのヒットソングをご紹介させていただきました。また、10月にナッシュヴィルで初めて出会った「ブルーグラス・バンジョーの神様」、アール・スクラッグスの話題などをお送りいたしました。"Sixteen Tons"では、ゲスト・ハーモニー・シンガーズ?が参加しました。

1. Uncle Pen (Ricky Skaggs)
2. My Blue Eyed Jane (弾き語り)
3. Green, Green Grass Of Home (Porter Wagoner)
4. Oklahoma Hills (Hank Thompson)
5. My Heart Would Know (弾き語り)
6. The Wild Side Of Life (Willie Nelson & Leon Russell)
7. Give My Love To Rose (弾き語り)
8. The First Noel (弾き語り)
9. Foggy Mountain Breakdown (Earl Scruggs - 1949)
10. Foggy Mountain Breakdown (Earl Scruggs - 2001)
11. The End Of The World (弾き語り)
12. Roll In My Sweet Baby's Arms (ブルーグラス・ランブル)
13. Sixteen Tons (弾き語り)

◆第53回放送日 10月24日(水)

アメリカ・ツアーのお土産話、最新CD、現地秘蔵ライヴ・レコーディング、弾き語りでお送りいたしました。

1. Will The Circle Be Unbroken (World International Blue Grass Band)
2. Virginia Waltz (弾き語り)
3. Rita Mae (Dale Ann Bradley)
4. I Wonder Where You Are Tonight (弾き語り)
5. Any Old Time (Brian Wicklund)
6. Elizabeth (The Statler Brothers)
7. My Rose Of Old Kentucky (稲葉和裕 with Friends)
8. The Old, Old House (稲葉和裕 with Friends)
9. Eight More Miles To Louisville (弾き語り)
10. Lonesome And Blue (ブルーグラス・ランブル)
11. Seven Spanish Angels (弾き語り)
12. Shoulda Took That Train (Bradley Walker)

◆第52回放送日 9月26日(水)

10月のワールド・オブ・ブルーグラス出演が迫り、アメリカ演奏旅行にまつわるお話と音楽でお楽しみいただきます。

1. Poison Lies (Bluegrass Idles)
2. Lorene (弾き語り)
3. Northwest Passage (Butch Robins)
4. My Rose Of Old Kentucky (弾き語り)
5. Casualty Of War (Larry Sparks)
6. Lonesome Moonlight Waltz (ブルーグラス・ランブル)
7. Montana Cowboy (Emmylou Harris)
8. Banks Of The Ohio (Bill Monroe & Doc Watson)
9. New River Train (ブルーグラス・ランブル)
10. Will The Circle Be Unbroken (弾き語り)
11. Crazy Train (Ronnie Bowman)

◆第51回放送日 8月22日(水)

ソニー・オズボーンの素晴らしいバンジョー・インストゥルメンタルからスタートし、8月16日で没後30年目の命日を迎えたエルヴィス・プレスリーのブルーグラス・ナンバーなどをお楽しみいただきました。

1. Bluegrass Concerto (The Osborne Brothers)
2. Dream Of A Miner's Child (弾き語り)
3. I Know What It Means To Be Lonesome (Nashville Bluegrass Band)
4. Don't This Road Look Rough And Rocky (弾き語り)
5. Little Cabin Home On The Hill (Elvis Presley)
6. Hush, Hush Sweet Charlotte (弾き語り)
7. Barbara Allen (Emmylou Harris)
8. Little Birdie (The Stanley Brothers)
9. Could You Love Me One More Time (ブルーグラス・ランブル)
10. In The Garden (弾き語り)
11. Molly And Tenbrooks (O'Bryant, Smith, Duncan, Grier, Compton)
12. Homecoming (The Osborne Brothers)

◆第50回放送日 7月25日(水)

50回記念ということでスタジオにはご見学の皆さんに綺麗なお花をお持ちいただきました。多くの皆様からのメッセージ、どうも、有難うございました。
皆様にご愛聴いただき、早4年が経過しました。100回記念を目指して、益々、意義ある楽しい番組になりますように頑張りたいと思います。引き続き、ご愛聴ください。

1. Sweet Sunny South (Tim & Mollie O'Brien)
2. I Can Read Between The Lines (弾き語り)
3. Honky Tonk Blues (Goins Brothers)
4. How's The World Treating You (弾き語り)
5. The Devil Went Down To Georgia (Charlie Daniels)
6. If I Can Stay Away Long Enough (弾き語り)
7. The Ballad Of Jed Clampet (Flatt & Scruggs)
8. West Virginia Coal Miner's Blues (弾き語り)
9. T To The 7th Power (Butch Robins)
10. Heartbroke (Ricky Skaggs)
11. Hold On To Your Dreams (弾き語り)
12. I'll See You In My Dreams (Merle Travis)

◆第49回放送日 6月27日(水)

5月の「アメリカ南部の旅」で入手したCDなどをかけながら、旅のお土産話をさせていただきました。

1. The Old Coal Mine (Larry Sparks)
2. Collen Malone (弾き語り)
3. Nobody Wants To Be Country (The Statler Brothers)
4. Those Memoris Of You (弾き語り)
5. Take Me Out To The Ball Game (Buddy Spicher & Bobby Bruce)
6. Walking Boss (弾き語り)
7. Rocky Top (The Osborne Brothers)
8. I'll Never Change My Mind (ブルーグラス・ランブル)
9. Summertime (レインボー・ヴァレー・カントリー・バンド)
10. Mansion On The Hill (Nashville Super Pickers)
11. Childhood Play (弾き語り)
12. Daddy Sang Bass (Leon Russell)

◆第48回放送日 5月23日(水)

5月は恒例の「アメリカ南部の旅」で録音となりました。今回は、昼間に収録しましたのでスタジオの外が明るく、気分が全く変わります。

1. Uncle Pen (Buddy Spicher)
2. I Heard My Mother Call My Name In Prayer (弾き語り)
3. It's A Long Long Way To The Top Of The World (Osborne Brothers)
4. Can't Help Fallin' In Love (弾き語り)
5. Gone But Not Forgotten (Del McCoury)
6. Hobo On A freight Train To Heaven (弾き語り)
7. Bile'em Cabbage Down (Stover, Lilly & Anthony)
8. How Great Thou Art (ブルーグラス・ランブル)
9. Like I Used To Do (弾き語り)
10. Wreck Of Old No. 9 (弾き語り)
11. Who Am I To Say (Statler Brothers)
12. Paula's Waltz (Buddy Spicher)
13. I Love You Because (弾き語り)

◆第47回放送日 4月25日(水)

5月に東京で共演するクリス・シャープや4月のサミー・シーラー、マロ・カワバタ、ジェニファー・ストリックランドとのライヴ録音をご紹介しました。また、ボサノバ歌手、高尾典江さんをゲストにお迎えして、のんちゃんの弾き語り、そして、即席デュオを楽しませていただました。

1. Crawdad Song (The Tipton Boys)
2. The Shoe Goes On The Other Foot Tonight (弾き語り)
3. Rocky Mountain High (John Denver)
4. 雪 (高尾典江)
5. 真夏の恋 (高尾典江)
6. Ring Of Fire (Earl Scruggs)
7. Down By The Salley Garden (稲葉和裕 & 高尾典江)
8. I'll Stay Around (S. Shelor, M. Kawabata, J. Strickland & K. Inaba)
9. You Don't Know Me (弾き語り)
10. Tennessee Waltz (高尾典江 & 稲葉和裕)
11.イパルマの娘 (高尾典江)
12. Doing My Time (S. Shelor, M. Kawabata, J. Strickland & K. Inaba)

◆第46回放送日 3月28日(水)

4月に来日を控えたサミー・シーラーとマロ・カワバタ、映画出演や秋のイベント情報などをご紹介して、関係のあるアーティストや曲をご紹介しました。

1. Highway Of Sorrow (弾き語り)
2. Mountain Girl (Sammy Shelor)
3. Travelin' Blues (弾き語り)
4. Angels Rejoiced (Nicholette Larson)
5. I Could Never Ashamed Of You (弾き語り)
6. Will The Circle Be Unbroken (レインボー・ヴァレー・カントリー・バンド)
7. In The Hills Of Tennessee (Jimmie Rodgers)
8. Anytime (尾崎紀世彦)
9. Gold Watch And Chain (弾き語り)
10. Never Ending Song Of Love (Ray Charles)
11. Goodbye Maggie (弾き語り)
12. North Carolina Breakdown (Sammy Shelor)

◆第45回放送日 2月28日(水)

ノラ・ジョーンズやジョン・スターリングの新譜から、そして、映画「今宵、フィッツジェラルド劇場で」をご紹介しました。リクエストとメッセージ、どうも、有難うございました。

1. Don' Worry 'Bout Daddy (Lonesome River Band)
2. Me And My Bobby McGee (弾き語り)
3. Edge Of The Storm (Tim O'Brien)
4. Why Don't You Love Me?
5. Broken (Norah Jones)
6. Beneath Still Waters (弾き語り)
7. Gold Watch And Chain (ブルーグラス・ランブル)
8. Mule Skinner Blues (Bill Monroe)
9. North To Alaska (Jack Cooke)
10. Worried Mind (弾き語り)
11. They'll Never Take Her Love From Me (John Starling)
12. Highway Of Sorrow (弾き語り)

◆第44回放送日 1月24日(水)−2007年

ミュージック・ジャーニー初企画としてゴスペルを特集いたしました。ブルーグラス、カントリー、クラシックなど心に響くゴスペルをお楽しみいただきました。

1. Traveling The Highway Home
(The Stanley Bros. Gospel Tradition)
2. Are You Afraid To Die?
(弾き語り)
3. Talk About Suffering
(Doc Watson)
4. Driftin' Too Far From The Shore
(弾き語り)
5. Noah Found The Grace In The Eyes Of The Lord
(The Statler Brothers)
6. Amazing Grace
(弾き語り)
7. Goin' Up Home To Live In Green Pastures (ブルーグラス・ランブル)
8. Angel Of Death
(Hank Williams)
9. I Wasn't There
(Lasrry Sparks)
10. What A Friernd We Have In Jesus
(弾き語り)
11. Roll Jordan Roll
(The Fairfield Four)
12. Precious Memories
(弾き語り)
13. Over My Head/Lil' David
(Kathleen Battle)

◆第43回放送日 12月27日(水)

クリスマス・コンサート・ツアーに参加いただいたマイク・コンプトン氏にゲスト出演いただき、彼の参加アルバムなどを紹介させていただきました。もちろん、スタジオ・ライヴも大いに楽しませていただきました。

1. Every Humble Knee Must Bow (Mike Compton & David Long)
2. Don't Let Your Deal Go Down (弾き語り)
3. Bluegrass Special (Bill Monroe)
4. Roxanna Waltz (弾き語り)
5. I'll Fly Away ('O Brother')
6. Prairie Lullaby (生演奏)
7. Sittin' On Top Of The World ('Cold Mountain')
8. Short Life Of Troubles (弾き語り)
9. I'm Rollin' On (David Brisman)
10. Bound To Ride (弾き語り)
11. Mike & John In The Wilderness (John Hartford & Good Old Boys)

◆第42回放送日 11月22日(水)

ピーター・ローワンやジョニー・キャッシュ、また晩秋がテーマになった曲をご紹介いたしました。ゲストに甲陽幼稚園園児の稲葉愛里沙(6)と怜央(4)に登場いただき、「パフ」、「甲陽幼稚園の歌」、クリスマス・ソングなどを歌ってもらいました。

1. Midnight Highway (Peter Rowan)
2. What Is A Home Without Love ()
3. Sittin' On Top Of The World (Nashville Bluegrass Band)
4. Oh, Lonesome Me (Don Gibson)
5. Blue Virginia Blues (弾き語り)
6. 25 Minutes To Go (Johnny Cash)
7. The Fields Have Turned Brown (ブルーグラス・ランブル)
8. Doghouse Blues (弾き語り)
9. Puff (弾き語り)
10. 甲陽幼稚園の歌 (稲葉怜央)
11. We Wish You A Merry Christmas (稲葉愛里沙)
12. 静かなクリスマス (稲葉愛里沙)

◆第41回放送日 10月25日(水)

カントリーやブルーグラスでは、よく聞かれるブラザー・デュオを中心にご紹介しました。ブラザー・デュオは、兄弟ならでわのヴォーカルのブレンドが特徴です。
KENさんご夫妻とオーストラリアのご友人、デイヴィッドさんがスタジオをお訪ねになりました。

1. Fastest Grass Alive (The Osborne Brothers)
2. Two Little Girls In Love (弾き語り)
3. In My Dear Old Southern Home (the Lilly Brothers)
4. Shady Grove(弾き語り)
5. The Three Bells (The Browns)
6. Woman Without A Home (The Statler Brothers)
7. Dreaming Of Home And Mother (弾き語り)
8. When I Stop Dreamin' (The Louvin Brothers)
9. Are You From Dixie? (ブルーグラス・ランブル)
10. Always On My Mind (弾き語り))
11. When My Blue Moon Turns To Gold Again
(Tim O'Brien)

◆第40回放送日 9月27日(水)

40回目のミュージック・ジャーニーは、ベラ・フレックのブルーグラス・アルバム、9月に来日を果したジョン・コーワンなどをお楽しみいだきました。アーカイヴスでは、「カントリーの父」と呼ばれるジミー・ロジャーズの時代を超越した名唱ををお聴きいただきました。

1. Polka On A Banjo (Bela Fleck)
2. Blue Ridge Mountain Blues (弾き語り)
3. Dark As A Dungeon (John Cowan)
4. I Am A Pilgrim (弾き語り)
5. Manchicken (Noam Pikelny)
6. Walking Boss (Tim O'Brien)
7. Grandfather's Clock (弾き語り)
8. Gambling Polka Dot Blues (Jimmie Rodgers)
9. Long Black Veil (ブルーグラス・ランブル)
10. Are You Lonesome Tonight? (弾き語り)
11. Home Sweet Home (Bela Fleck & Earl Scruggs)

◆第39回放送日 8月23日(水)

アイリッシュ、トレイン・ソング、フォスター、ウエスタン・スウィングなどルーツ・ミュージックを幅広くをお楽しみいだきました。久し振りのバンジョーの弾き語りや、アーカイヴスでは、スタンレー・ブラザーズの哀愁溢れるマウンテン・スタイルのブルーグラスをお聴きいただきました。

1. Happy to Meet (Chieftans)
2. Wabash Cannonball (Chieftans with Ricky Skaggs)
3. Freight Train Boogie (弾き語り)
4. That's All Right (Nashville Bluegrass Band)
5. Long Chain Charlie And Moundsville (弾き語り)
6. Cherokee Maiden (Ray Benson)
7. Oh, Susanna (弾き語り)
8. My Old Kentucky Home (稲葉和裕)
9. Long Time Gone (弾き語り)
10. White Dove (The Stanley Brothers)
11. Tennessee 1949 (ブルーグラス・ランブル)
12. Nobody's Darling But Mine (Chieftans with Emmylou Harris)
13. Cripple Creek (バンジョー演奏)

◆第38回放送日 7月26日(水)

24年前に使っていた古い歌詞カード・バインダーをスタジオに持ち込み、その本から懐かしい歌を数曲歌いました。バラエティーに富んだ選曲でお楽しみいただきました。また、予定外のゲストの出演もありました!

1. No One Can Love You Dear (The Way I Do) (Lonesome River Band)
2. I Can Hear Virginia Calling Me (弾き語り)
3. The Dance In Old Kentucky (Raymond McLain)
4. Come Hither, And Go Yonder (マンドリン演奏)
5. Faded Love (マンドリン演奏)
6. Shady Grove (Raymond McLain)
7. Tammy (弾き語り)
8. Mona Lisa (弾き語り)
9. New River Train (The Monroe Brothers)
10. West Virginia, My Home (ブルーグラス・ランブル)
11. Open Up The Window, Noah (The Seldom Scene)
12. Hear The Wind Blow (弾き語り)
13. Somewhere Over the Rainbow (Israel Kamakawiwo'le)

◆第37回放送日 6月28日(水)

3周年を迎えましたミュージック・ジャーニーは、5月のアメリカ旅行のお土産話や、六甲山ホテルでのランチ・ショー、ブルーグラス・ランブルからのライヴ、弾き語りをお楽しみいただきました。また、お祝いのメッセージ、リクエストもたくさんいただきました。どうも、有難うございました。

1. A Teardrop On A Rose (Hank Williams)
2. Alabama (弾き語り)
3. Shady Grove (Ricky Skaggs)
4. Lonesome Road Blues (弾き語り)
5. Coastline (Cherryholmes)
6. John Henry (弾き語り)
7. From Where I Stand (Kathy Chiavola)
8. Waterloo Road (弾き語り)
9. Lorena (弾き語り)
10. A Satisfied Mind (Porter Wagoner)
11. Big Mon (ブルーグラス・ランブル)
12. Summertime (レインボー・ヴァレー・カントリー・バンド)
13. O Shenandoah (レインボー・ヴァレー・カントリー・バンド)
14. 慈しみ深き友なるイエス (弾き語り)
15. Don't Tell Me Your Troubles (Ray Charles)

◆第36回放送日 5月24日(水)

5月22日〜29日は、アラバマ州とテネシー州をツアー中のため、録音となりました。ハンク・ウイリアムスやテネシーにまつわる曲をお楽しみいただきました。

1. Lovesick Blues (Hank Williams)
2. Cold, Cold Heart (弾き語り)
3. Kaw Liga (Doc Watson)
4. Tennessee 1949 (弾き語り)
5. Draggin' The Beaumont (Buddy spicher)
6. Green, Green Grass Of Home (弾き語り)
7. Rocking Alone In The Old Rocking Chair
8. Barbara Allen (Emmylou Harris)
9. Greensleeves (弾き語り)
10. Things In Life (弾き語り)
11. Scarborough Fair (弾き語り)
12. Muddy Bottom (Osbrone Brothers)

◆第35回放送日 4月26日(水)

3月25日に他界されたバック・オウエンズの曲、ケルト系の海にまつわる曲などをご紹介させていただきました。

1. Fiddler's Green (Tim O'Brien)
2. Collen Malone (弾き語り)
3. Act Naturally (Buck Owens)
4. Together Again (弾き語り)
5. Crying Time (弾き語り)
6. Making Plans (Trio)
7. De Camptown Races (弾き語り)
8. The Grand Tour (Arron Neville)
9. Dinah (Laura Boosinger)
10. My Bonnie (弾き語り)
11. Faded Love (Patty Griffin)
12. Down By The Salley Gardens (弾き語り)

◆第34回放送日 3月22日(水)

冷たい雨の降る夜、しっとりとしたカントリーとブルーグラスをご紹介させていただきました。リクエストやメッセージ、どうも、有難うございました。

1. Roly Poly (The Little Willies) 
2. Raindrops Keep Falling On My Head (弾き語り)
3. I Walk The Line (Johnny Cash)
4. Muleskinner Blues (弾き語り)
5. Homesick (Marty Stuart)
6. Big Rock Candy Mountain (弾き語り)
7. Medals For Mothers (Rhonda Vincent)
8. Walk The Way The Wind Blows
9. The Wild Side Of Life (弾き語り)
10. Grandfather's Clock (Doc Watson)
11. The Riddle Song (弾き語り)
12. Orange Blossom Special (Marty Staurt)

◆第33回放送日 2月22日(水)

2月8日に発表されましたグラミー賞のカントリー部門から数曲、ご紹介させていただきました。偶然、スタジオ見学に来られたニ葉さんにも急遽、出演していただき、カントリーの思い出などを語っていただきました。

1. New Moon Over My Shoulder (Watson, Wiseman & McCoury)
2. Me And Bobby McGee (弾き語り)
3. Pretty Fair Maid In The Garden (Tim O'Brien)
4. If I Needed You (Emmylou Harris)
5. When Fall's Coming Down (Del McCoury)
6. The Winding Streams (弾き語り)
7. I Walk The Line (ブルーグラス・ランブル)
8. Crazy Old Soldier (Ray Charles with Johnny Cash)
9. Help Me Make It Through The Night (弾き語り)
10. Take Me For Longing (Alison Krauss)

◆第32回放送日 2006年1月25日(水)
−2006年

2006年1月22日に他界されたジャネット・カーターさんを偲んでカーター・ファミリーの曲、また、1953年1月1日に他界したハンク・ウイリアムスの曲やメッセージなどをお聴きいただきました。

1. Freight Train (生演奏)
2. Banks Of The Ohio (Tony Rice)
3. Salty Dog Blues (弾き語り)
4. Keep On The Sunny Side (The Original Carter Family)
5. Wildwood Flower (弾き語り)
6. Foggy Mountain Top (Bill Monroe & Doc Watson)
7. Danny Boy(弾き語り)
8. Cold, Cold Heart (ブルーグラス・ランブル)
9. I'm So Lonesome I Could Cry (Kathy Chiavola)
10. The Log Train (Hank Williams)
11. The Apology from Hank Williams (Hank Williams)
12. Molly Darling (弾き語り)
13. Jambalaya (Ed Dye with Friends)

◆第31回放送日 12月28日(水)

クリスマス・コンサート・ツアーに来日中のブルーグラス・バンジョー奏者、ブッチ・ロビンス氏をゲストに、ビル・モンロー、ブルーグラス・バンジョー、彼の友人などについて語っていただきました。

1. Shortin' Bread (Butch Robins)
2. Did You See The Devil, Uncle Joe? (弾き語り)
3. Salt Creek (Bill Monroe)
4. Salt Creek (生演奏)
5. In The Garden (弾き語り)
6. Today I Started Loving You Again (Merle Haggard)
7. Footprints In The Snow (弾き語り)
8. Roll In My Sweet Baby's Arms (Leon Russell)
9. Remember Me (弾き語り)
10. Six White Horses (稲葉和裕)
11. Forty Years Late (Butch Robins)

◆第30回放送日 11月23日(水)

アメリカ旅行のお土産話、レオン・ラッセルやリクエスト曲などを稲葉和裕ファンクラブ事務局長、上田正三氏をゲストにお迎えしてご紹介いたしました。

1. Four Wheel Drive (Ronnie Bowman)
2. Blue Ridge Mountain Blues (弾き語り)
3. Tennesse 1949 (Larry Sparks)
4. The Lucky One (Alison Krauss)
5. Prosperity Special (Bobby Hicks)
6. Dreaming Of Home And Mother (弾き語り)
7. A Song For You (Leon Russell)
8. Crying Time (弾き語り)
9. Jamboree (Butch Robins)
10. The Cattle Call (弾き語り)
11. Danny Boy (弾き語り)

◆第29回放送日 10月26日(水)

新着アルバムをご紹介したり、10月28日からのアメリカ南部旅行に先駆けて、テネシーやヴァージニアのお話や、曲をお楽しみいただきました。

1. Look Down That Lonesome Road (Tim O'Brien)
2. I've Been All Around This World (弾き語り)
3. Tennessee Rose (Emmylou Harris)
4. I Just Got Wise (Ralph Stanley)
5. Forsaken Love (弾き語り)
6. Keep Her While She's There (Del McCoury)
7. Daddy And Home (弾き語り)
8. Busted (Tim O'Brien)
9. Nelly Was A Lady (ブルーグラス・ランブル)
10. One More Hour(Jennifer Warnes)

◆第28回放送日 9月28日(水)

8月末にアメリカ南部で猛威を振るったハリケーン「カトリーナ」に関連した曲をご紹介しました。また、ゲストに稲葉和裕ファン・クラブ事務局長、上田正三氏をお迎えして、9月の東京へのファンクラブ親睦旅行などの活動内容をお話いただきました。

1. Louisiana 1927 (Aaron Neville)
2. Mississippi Delta Blues (弾き語り)
3. Ol' Man River (Paul Robeson)
4. I'll Stay Around (Alecia McRight)
5. Traveling Blues (弾き語り)
6. Crazy (Willie Nelson)
7. Beautiful Picture (弾き語り)
8. Shake, Rattle And Roll (弾き語り)
9. Old Ebenzer Dangerfield (Butch Robins)
10. Goodnight Irene (弾き語り)
11. I Wouldn't Change You If I Could (ブルーグラス・ランブル)
12. Ave Maria (Aaron Neville)

◆第27回放送日 8月24日(水)

昔、よく聴いた曲を思い出しながら、8月16日に他界されましたヴァッサー・クレメンツ、弾き語りによるリクエスト、ジミー・ロジャーズなどをお楽しみいただきました。

1. John Hardy (The Lilly Brothers & Don Stover)
2. Money, Marbles And Chalk (弾き語り)
3. When The Angels Carry Me Home (Don Stover)
4. Beats Me (Vassar Clements)
5. Melancholy (弾き語り)
6. I'd Rather Die Young (Elizabeth Long)
7. Lonesome Whistle (弾き語り)
8. Blue Moon Of Kentucky (弾き語り)
9. Grandfather's Clock (弾き語り)
10. Cold Cheater's Heart (Del McCoury)
11. Four Walls (弾き語り)
12. On The Banks Of The Old Ponchartrain (弾き語り)
13. In The Hills Of Tennessee (Jimmie Rodgers)

◆第26回放送日 7月27日(水)

7月に開催されました「稲葉和裕スタンプ・ラリー」対象コンサートから、ライヴ録音をお聴きいただきました。

1. Leavin's Heavy On My Mind (The Osborne Brothers)
2. A Man Of Constant Sorrow (稲葉和裕)
3. Kentucky Waltz (ブルーグラス・ランブル)
4. Cotton Fields (稲葉和裕)
5. The Stroms Are On The Ocean (ブルーグラス・ランブル)
6. This Land Is Your Land (弾き語り)
7. Train, Train (Dolly Parton)
8. Summertime (弾き語り)
9. In The Pines (ブルーグラス・ランブル)
10. I Can't Stop Loving You (Don Gibson)
11. Jimmie Brown, The Newsboy (弾き語り)
12. Sittin' On Top Of The World (The Lonesome River Band)

◆第25回放送日 6月22日(水)

ミュージック・ジャーニー二周年記念番組では、5月の「アメリカ南部の旅」のお土産話、現地で出会ったミュージシャンたちのCD、そして、弾き語りをお楽しみいただきました。皆様から多くのメッセージ、カード、お花などどうも、有難うございました。

1. Teardrop On A Rose (稲葉和裕/弾き語り)
2. Mississippi Delta Blues (Merle Haggard)
3. Have I Stayed Away Too Long (弾き語り)
4. Dipper Mouth Blues (George Lewis)
5. City Of New Orleans (弾き語り)
6. East Tennessee Blues (Butch Robins)
7. Over The Rainbow (弾き語り)
8. Steam Boat Whistle Blues (The Tipton Hill Boys)
9. Charmaine (Buddy Spicher & Calvin Vollrath)
10.A Face In The Crowd (ブルーグラス・ランブル)
11. White Dove (弾き語り)
12. Leavin' Heavy On My Mind (The Grasscals)

◆第24回放送日 5月25日(水)

5月15日に他界されたジミー・マーティンとの思い出と、今回のアメリカ旅行の目的地と関連する曲を順をおってご紹介させていただきました。アメリカ旅行中のため、録音ヴァージョンでお楽しみいただきました。

1. When I'm Knee Deep In Bluegrass (Doyle Lawson)
2. Sunny Side Of The Mountain (Jimmy Martin)
3. Oceans Od Diamonds (弾き語り)
4. Mississippi River Blues (弾き語り)
5. Jambalaya (On The Bayou) ()
6. That's Alright, Mama (弾き語り)
7. Blue Moon Of Kentucky (Elvis Presley)
8. Nashville Blues (弾き語り)
9. Tennessee (Tribute To Jimmy Martin)
10. Cash On The Barrelhead (ブルーグラス・ランブル)
11. Mother, The Queen Of My Heart (弾き語り)
12. When It's Lamp Lighting Time In The Valley (弾き語り)
13. I Love You A Thousand Ways (弾き語り)

◆第23回放送日 4月27日(水)

ラリー・スパークス、マール・ハガード、ドック・ワトソンら、現役で活躍中の大御所のアルバムから数曲をご紹介しました。弾き語りでは、リクエストにお応えさせていただきました。Thank you for the requests!

1. City Folks Call Us Poor (Larry Sparks)
2. You Don't Know Me (弾き語り)
3. Who's Sorry Now? (稲葉和裕ウイズ・フレンズ)
4. Always Late (With Your Kisses) (Merle Haggard)
5. Bluegrass Melodies (弾き語り)
6. Mom And Dad's Waltz (弾き語り)
7. My Dear Old Southern Home (Doc Watson)
8. Give Me Wings (Ralph Stanley)
9. When The Roses Bloom In Dixieland (弾き語り)
10. In The Pines(ブルーグラス・ランブル)
11. Time Changes Everything (弾き語り)
12. Our Last Goodbye (Johnson Mountain Boys)

◆第22回放送日 3月23日(水)

カントリー・ソングでも3月は、「風」がテーマになった曲があります。春をイメージする曲を中心に構成してみました。弾き語りでは、スティーヴン・フォスター、ジミー・ロジャーズ、ビル・モンロー、ハンク・ウイリアムスらアメリカ音楽を代表するアーティストたちの曲を歌わせていただきました。

1. Tennessee Hound Dog (The Osborne Brothers)
2. Peach Pickin' Time In Georgia (弾き語り)
3. March Wind (弾き語り)
4. It's Raining (Jennifer Warnes)
5. I Hear A Sweet Voice Calling (弾き語り)
6. Tragic Romance (Tim & Mollie O'Brien)
7. Nelly Was A Lady (弾き語り)
8. The Waltz Of The Wind (Larry Sparks)
9. Down In The Valley To Pray (ブルーグラス・ランブル)
10. Sittin' On Top Of The World (弾き語り)
11. Gentle Annie (Laurie Lewis)

◆第21回放送日 2月23日(水)

第47回グラミー賞の8部門で栄冠に輝いたレイ・チャールズの受賞作品をご紹介しました。また、今回のギターは、ギブソン L-5で、弾き語りをさせていただきました。ギブソン・アーチトップ・ギターの持つノスタルジックなトーン、いかがでしたでしょうか?

1. Jailhouse Blues (Ronnie Bowman)
2. Here We Go Again (Ray Charles & Norah Jones)
3. Sunrise (Norah Jones)
4. Nobody Knows But Me (弾き語り)
5. Kentucky (弾き語り)
6. Everytime You Say Goodbye (Alison Krauss)
7. Barbara Allen (弾き語り)
8. Wildwood Flower (弾き語り)
9. I'm Thinking Tonight Of My Blue Eyes (Paul Williams)
10. Ashokan Farewell (ブルーグラス・ランブル)
11. Life Is Like A River (弾き語り)
12. Won't You Ride In My Little Red Wagon? (Willie Nelson)

◆第20回放送日 2005年1月26日(水)
−2005年

神戸大学のブルーらぷの皆さんをゲストに、スタジオ・ライヴをお楽しみいただきました。とても爽やかな良いバンドですので、卒業後もバンド活動を、是非、続けていただきたいものです。

1. Don't Get Too Close (ブルーらぷ)
2. Love Please Come Home (稲葉和裕 & ブルーらぷ)
3. Good Morning Country Rain (Rhonda Vincent)
4. My Heart Feels The Pain (ブルーらぷ)
5. Foggy Mountain Breakdown (稲葉和裕 & ブルーらぷ)
6. Five 'n Chimes (Cherryholms Family)
7. My First Mistake (ブルーらぷ)
8. Dark Hallow (稲葉和裕 & ブルーらぷ)
9. Over The Mountain (John Hartford)
10. Beautiful Brown Eyes (ブルーらぷ)

◆第19回放送日 12月22日(水)

クリスマス・コンサート・ツアーで来日中のキース・リトル氏をゲストに迎え、キースのギターと稲葉のマンドリンで、ブラザー・デュオとクリスマス・ソングをお楽しみいただきました。

1. I Don't Believe You've Met My Baby (Keith Little & 稲葉和裕)
2. I Hear A Choo Choo Coming (The Vern Williams Band)
3. Old Black Joe (Keith Little &稲葉和裕)
4. Silver Haired Daddy Of Mine (Keith Little &稲葉和裕)
5. Billy In The Lowground (Keith Little &稲葉和裕)
6. Christmas Time Is Near (Keith Little &稲葉和裕)
7. Christ Was Born In Bethlehem (Tim & Mollie O'Brien)
8. Friendly Beasts (Keith Little &稲葉和裕)
9. Christmas Lullaby (Doc Watson)
10. O Little Town Of Bethlehem (The Louvin Brothers)
11. Silent Night (Keith Little &稲葉和裕)

◆第18回放送日 11月24日(水)

「ディキシー・ドリーム」、「ティアドロップ・オン・ナ・ローズ」でフィドルを弾いていただきましたナッシュヴィルの伝説のフィドラー、バディー・スパイカーが、最近、ヴァッサー・クレメンツと共に作り上げたウェスタン・スィング・フィドル・アルバム「Runaway Fiddle」をご紹介いたしました。

1. Twinkle, Twinkle Little Star (Buddy Spicher & Vassar Clements)
2. Diamond Joe (弾き語り)
3. Backtrackin' (Nashville Bluegrass Band)
4. Blue Moon Of Kentucky (Bluegrass Mandolin Extravaganza)
5. O Shenandoah (弾き語り)
6. Mama's Hand (Hazel Dickens)
7. Home On The Range (弾き語り)
8. Are You Teasin' Me (Patti Loveless & John Randall)
9. I Love You Because (弾き語り)
10. Oh, Susanna (弾き語り)
11. Before The Prairie Met The Plow(Keith Little)
12. Runaway Fiddle (Buddy Spicher & Vassar Clements)

◆第17回放送日 10月27日(水)

秋も深まり、木の葉舞う季節をイメージした曲をお聴きいただきました。汽車にまつわる曲、ハンク・ウイリアムスやレイ・チャールズのほか、番組の最後は、「旅愁」の弾き語りでお楽しみいただきました。

1. I'll Be Dogged (Ronnie Bowman)
2. Away On The Mountain (弾き語り)
3. Falling Leaves (Grandpa Jones)
4. When The Golen Leaves Begin To Fall (弾き語り)
5. Wabash Cannonball (弾き語り)
6. California Zephyr (Larry Sparks)
7. Crazy Heart (Hank Williams)
8. Remember Me (弾き語り)
9. Here We Go Again (Ray Charles with Norah Jones)
10. Fell In Love (And I Can't Get Out) (Tim O'Brien)
11. Dreaming Of Home And Mother (弾き語り)

◆第16回放送日 9月22日(水)

今回は、熊本から友人であり、プレイヤーである本山和彦氏をゲストにお迎えし、ギター特集でお楽しみいただきました。カントリー界のギタリスト大御所、マール・トラヴィス、チェット・アトキンス、ドック・ワトソンをはじめ、最近の名プレイヤーの演奏を稲葉和裕の弾き語りを交え、ご紹介しました。゙

1. Black Mountain Rag (稲葉和裕&本山和彦)
2. Ramshackle Shack (稲葉和裕&本山和彦)
3. Roanoke (Bryan Sutton)
3. Cannonball Rag (Chet Atkins & Merle Watson)
4. Is Anything Better Than This? (Chet Atkins & Merle Travis)
5. O Shenandoah (弾き語り)
6. Guitar Medley In "G" (Don Reno)
7. Frank's Blues (Hot Rize)
8. Freight Train (弾き語り)
9. I'm So Lonesome I Could Cry (Leon Russell)
10. Beautiful Picture (弾き語り)
11. Doc's Guitar (Doc Watson)

◆第15回放送日 8月25日(水)

今回は、アメリカで古くから伝わるトラディショナル・フォーク・ソングを弾き語りでお聴きいただきました。8月18日に他界されましたチャーリー・ウォーラーとカントリー・ジェントルメンや、レオン・ラッセルのレコーディングなどをご紹介しました。

1. There Ain't Nobody Gonna Miss Me When I'm Gone (Paul Williams)
2. Jesse James (弾き語り)
3. The Fields Have Turned Brown (The Country Gentlemen)
4. What A Friend We Have In Jesus (ブルーグラス・ランブル)
5. Dixie Breakdown (ブルーグラス・ランブル)
6. Gambling Barroom Blues (The Nashville Bluegrass Band)
7. Blowin' In The Wind (弾き語り)
8. Frankie And Johnny (弾き語り)
9. A Song For You (Leon Russell)
10. Tom Dooley (弾き語り)
11. Shady Grove (Ricky Skaggs)

◆第14回放送日 7月28日(水)

今回は、2002年で38年間の第一線の活動から引退したスタットラー・ブラザーズで始まり、終わりました。私が青春時代に聴き込んだグループの見事な引退コンサートでした。

1. Do You Remember These? (The Statler Brothers)
2. My Darling Clementine (弾き語り)
3. Creepin' In (Norah Jones)
4. Summertime (弾き語り)
5. Danny Boy (稲葉和裕)
6. Jamboree (Butch Robins)
7. CD Commercial Song (弾き語り)
8. I Hear A Sweet Voice Calling (Randy Howard)
9. Prairie Lullaby (弾き語り)
10. Take Me Home, Country Roads (Ray Charles)
11. Amazing Grace (The Statler Brothers)

◆第13回放送日 6月23日(水)

ミュージック・ジャーニー一周年記念番組。ゲストにファン・クラブ事務局長、上田正三氏をお迎えして、テネシーへの旅行の話や、今月亡くなられたレイ・チャールズの名演などをお楽しみいただきました。

1. Might Dark To Travel (Ricky Skaggs)
2. Little Girl In Tennessee (稲葉和裕 with Kathy Chiavola Band)
3. Blue Moon Of Kentucky (Elvis Presly)
4. I Can't Stop Lovin' You (Ray Charles)
5. Georigia On My Mind (弾き語り)
6. Teardrop On A Rose (稲葉和裕)
7. Lights Of Louisianne (Jennifer Warnes)
8. My Baby's Gone (Emmylou Harris & Rodney Crowell)
9. Rockwood Deer Chase (稲葉和裕)
10. Do You Remember These? (The Statler Brothers)

◆第12回放送日 5月26日(水)

今回は、ナッシュヴィル、メンフィス訪問中でのオン・エアーになりました。メンフィスでは、エルビス・プレスリーの軌跡を辿ってきました。

1. Stuck In The Middle Of Nowhere (Dan Tyminski)
2. One Moring In May (弾き語り)
3. The Scaret Tide (Alison Krauss)
4. Soppin' The Gravy (Mark O'Connor)
5. Shake, Rattle & Roll (Elvis Presley)
6. Can't Stop Fallin' In Love (弾き語り)
7. Mother, The Queen Of My Heart (弾き語り)
8. Rocking Alone In The Old Rocking Chair (ブルーグラス・ランブル)
9. I Dreamed About Mama Last Night (Johnny Cash)
10. Matty Groves (弾き語り)
11. Take Your Shoes Off, Moses (The Stanley Tradition)

◆第11回放送日 4月28日(水)

「レインボー・ヴァレー・ブルーグラス・バンド」や「ブルーグラス・ランブル」で活躍のベーシスト、石平祐二氏をゲストにお迎えして、カントリーやブルーグラスにおけるベースという楽器の存在に注目しました。ギターとベースやバンジョーとベースのデュオ演奏もお楽しみいただきました。アッという間の1時間でした。

1. Am I A Fool? (Lonesome River Band)
2. My Old Kentucky Home (稲葉和裕 & 石平祐二)
3. Don't Let Your Dearl Go Down (稲葉和裕 & 石平祐二)
4. Alone And Forsaken (稲葉和裕)
5. Lady Of Spain (Marshall Wilborn)
6. Roll In My Sweet Baby's Arms (Leon Russell)
7. Cannonball Blues (稲葉和裕 & 石平祐二)
8. Vassar's Fiddle Rag (Old In The Gray)
9. Make The World Go Away (Eddy Arnold)
10. Half As Much(Emmylou Harris)
11. Soldier's Joy (稲葉和裕 & 石平祐二)

◆第10回放送日 3月24日(水)

1993年にリリースされた稲葉和裕の第3作目のアルバム「Goin' Across The Sea」から数曲、お聴きいただきました。そのレコーディングでも使用したギターの音色を披露させていただきました。
また、来月、4月11日に開催されるブルーグラス・ランブルで特集するビル・モンローとオリジナル・ブルーグラス・ボーイズや、ジャズの巨匠、ルイ・アームストロングの歴史に残る名演をお楽しみいただきました。

1. Goin' Across The Sea (稲葉和裕)
2. Kaw Liga (弾き語り)
3. Little Annie (弾き語り)
4. Hobo's Meditation (弾き語り)
5. Dixie Trucker's Home (John Hartford)
6. Any Old Time (弾き語り)
7. Miss The Mississippi And You (弾き語り)
8. One Girl Cried (Tim O'Brien)
9. I'm Going Back To Old Kentucky (Bill Monroe)
10. St. Louis Blues (Louis Armstrong)
11. Lovesick Blues (弾き語り)
12. Down In Caroline (稲葉和裕)

◆第9回放送日 2月25日(水)

今回は、カントリーでは「フィドル」と呼ばれるヴァイオリンをご紹介いたしました。
フィドルの弾き語りは、大変でしたが、緊張感のある一時でした。昨年の10月にナッシュヴィルに行った際に、バディー・スパイカー氏とレコーディングした「モッキンバード・ヒル」も初公開でお聴きいただきました。
番組放送中にたくさんのメッセージ、リクエストを頂き、どうも、有難うございました。

1. Heartbreak Game (Tim O'Brien)
2. Molly Darling (弾き語り)
3. You And My Old Guitar (弾き語り)
4. Did You See The Devil, Uncle Joe? (フィドル演奏)
5. Amazing Grace (フィドル弾き語り)
6. Boil'em Cabbage Down (フィドル演奏)
7. Mockingbird Hill (Patti Page)
8. Mockingbird Hill (Buddy Spicher & 稲葉和裕)
9. Your Cheatin' Heart (Louis Armstrong)
10. Louisiana 1927 (Aaron Neville)
11. Train Of Yesterday (Nashville Bluegrass Band)
12. Green Fields (弾き語り)
13. Roll On Blues (Johnson Mountain Boys)

◆第8回放送日 1月28日(水)−2004年

1月に入って寒い日々が続いておりますので、番組ではブルーグラスやカントリーなどホットな名演で楽しんでいただきました。また、今回は、5弦バンジョーをスタジオに持ち込み、色々とバンジョーにまつわる話と生演奏をさせていただきました。

1. I'm On My Way Back to The Old Home (Del McCoury)
2. What Child Is This? (弾き語り)
3. When You And I Were Young, Maggie (弾き語り)
4. Banjo Signal (バンジョー演奏)
5. Oh, Susanna (バンジョー弾き語り)
6. What A Friend We Have In Jesus (バンジョー演奏)
7. Home Sweet Home (Flatt & Scruggs)
8. Carolina Blue (Maro Kawabata)
9. Turn Me on (Norah Jones)
10. Four Walls (Willie Nelson)
11. Jeanie With The Light Brown Hair (弾き語り)
12. Little Cabin Home On The Hill (John Hartford)
13. Let Us Travel, Travel On (Marty Stuart & Del McCoury)

◆第7回放送日 12月24日(水)

クリスマス・イヴの放送日には、クリスマス・コンサート・ツアーで来日中のキース・リトル氏をゲストに迎え、アメリカでのクリスマスの過ごし方や、クリスマス・ソングのスタジオ・ライヴをお楽しみいただきました。

1. Please Come Back Little Pal (Keith Little)
2. Toy Heart (Keith Little &稲葉和裕)
3. Wayfaring Stranger (Keith Little &稲葉和裕)
4. Away In The Manger (Louvin Brothers)
5. Beautiful Star Of Bethlehem (Keith Little &稲葉和裕)
6. Sugarfoot Rag / Big Sandy River (Keith Little &稲葉和裕)
7. The Christmas Story (Nashville Bluegrass Band)
8. First Noel (Keith Little & 稲葉和裕)
9. Sleigh Ride (Sam Bush)
10. The Last Month Of The Year (Fairfeild Four & Nashville Bluegrass Band)
11. Silent Night (Keith Little &稲葉和裕)

◆第6回放送日 11月26日(水)

放送日、当日に77歳を迎えた稲葉和裕の父、稲葉悦郎氏(写真中央)をゲストに迎え、オールド・タイム・バンジョーや、アパラチア山系で伝承されてきたマウンテン・ミュージックを紹介しました。また、11月に発足したばかりの稲葉和裕ファン・クラブの紹介を、事務局長、上田正三氏にしていただきました。たくさんのメッセージやリクエストをいただきまして、どうも、有難うございました。

1. Happy On the Mississippi Shores (Nashville Bluegrass Band)
2. Are You From Dixie? (Grandpa Jones)
3. Old Joe Clark (稲葉悦郎)
4. Cluck Old Hen (T. O'Brien, D. Powell & J. Herrmann)
5. Shady Grove(バンジョー弾き語り)
6. Smoke Along The Track (Emmylou Harris)
7. Nelly Bly (弾き語り)
8. When It's Lamp Lighting Time In the Valley (稲葉和裕)
9. Christmas Time's A-Coming (Peter Rowan)

◆第5回放送日 10月22日(水)

臨場感あふれるライヴ盤や、ドブロ・ギターの音色をお楽しみいただきました。今回は、アメリカに旅立つ日ということで、残念ながら、当日のリクエストには対応できませんでした。

1. Your Love Is Like A Flower (Vassar Clements)
2. How's The World Trearting You (James Taylor & Alison Krauss)
3. Are You Wastin' My Time (弾き語り)
4. アメリカの思い出 (Itzhak Perlman)
5. I Am A Man Of Constant Sorrow (Alison Krauss)
6. A Tribute To Peador O'Donnell/Monkey Let The Hogs Out (Jerry Douglas)
7. I Wonder Where You Are Tonight (John Hartford)
8. O Shenandoah (弾き語り)
9. Carolina Mountain Home (Keith Little, Robert Gateley & Friends)
10. Roll Jordan Roll (Nashville Bluegrass Band & Fairfield Four)

◆第4回放送日 9月24日(水)

9月12日に他界されたカントリーの大御所、ジョニー・キャッシュを追悼させていただきました。また、「カントリーの父」として知られるジミー・ロジャーズのナンバーを弾き語りでお聴きいただきました。メッセージ、リクエスト、どうも有難うございました。

1. Lonely Quit Knockin' On My Door (Ronnie Bowman)
2. Folsom Prison Blues (Johnny Cash)
3. I Still Miss Someone (弾き語り)
4. Don't Let Your Deal Go Down (The Three Pickers)
5. Black Mountain Rag (ギター演奏)
6. Meet Me Somewhere In Your Dreams (Doc Watson)
7. Prairie Lullaby (弾き語り)
8. Daddy And Home (弾き語り)
9. Sixteen Tons (Leon Russell)
10. The Old Rugged Cross (弾き語り)
11. What A Friend We Have In Jesus (ブルーグラス・ランブル)
12. Blue Moon Of Kentucky (Bill Monroe)

◆第3回放送日 8月27日(水)

今回は、放送中にリクエストをたくさんいただき、急遽、弾き語りを追加させていただきました。息をきらして歌う場面は、ヒヤヒヤものでした。フラット・マンドリンを紹介させていただきました。メッセージ、リクエスト、どうも有難うございました。

1. Dry Me Tears And Move On (Del McCoury)
2. Waitin' For A Train (弾き語り)
3. Take Me Home, Country Roads (Israel Kamakawiwo'ole)
4. With Tear In My Eyes (稲葉和裕)
5. My Son Calls Another Man Daddy (Hank Williams)
6. Over the Rainbow (マンドリン演奏)
7. You Don't Know Me (Jennifer Warnes)
8. Hard Times, Come Again No More (弾き語り)
9. 500 Miles (弾き語り)
10. I'll Trade The Old Cross (For A Crown) (Doyle Lawson)
11. Back Up And Push (Jason Carter)

◆第2回放送日 7月23日(水)

第2回目は、スティーヴン・フォスターやジミー・ロジャーズといったカントリー音楽の源流にさかのぼり、ブルーグラス・ランブルのライヴ録音やレイ・チャールズの歌をお楽しみいただきました。リクエスト、どうも有難うございました。

1. Draggin' the Beaumont (Buddy Spicher)
2. The Old Rugged Cross (ブルーグラス・ランブル)
3. Muddy Water (弾き語り)
4. In the Jailhouse Now (Jimmie Rodgers)
5. Gentle Annie (Laurie Lewis/Joe Weed)
6. Georgia Mail (Lonesome River Band)
7. Southern Flavor (Bluegrass Ramble)
8. Take These Chains From My Heart (Ray Charles)
9. Lorena (稲葉和裕)

◆第1回放送日 6月25日(水)
−2003年

稲葉和裕がラジオ・パーソナリティーを務めさせていただくラジオ番組の記念すべき第1回目の放送。「何事にも最初があり、終わりがある」精神で、心のこもった番組創りを目指します。どうぞ、応援してください。

1. Teardrop On A Rose (稲葉和裕)
2. Silver Haired Daddy Of Mine (弾き語り)
3. The Bluegrass Country (Del McCoury)
4. You Are My Sunshine (Jimmie Davis)
5. Cold, Cold Heart (Louis Armstrong)
6. Bluegrass Melodies (弾き語り)
7. Roll In My Sweet Baby's Arms (Leon Russell)
8. Moonlight On the Colorado (弾き語り)
9. Grandfather's Clock (David Grisman & Tony Rice)
10. Who's Sorry Now? (Willie Nelson)
11. Over the Rainbow/What A Wonderful World (Israel Kamakawiwo'ole)







お問い合わせはオフィス・ホワイト・オークまでどうぞ