Information ArtistFan ClubScheduleShopPhoto GalleryMusic Clips
New MessageWhat's NewProfileFAQColumnContact LinksHome

Artist profile in English

   

稲葉 和裕



ヴォーカリスト
ブルーグラス・ミュージシャン
カントリー・シンガー
兵庫県西宮市在住

15歳の時に父親と兄の影響で5弦バンジョーに興味を持ち、兄弟でアメリカの伝承音楽であるブルーグラス音楽を演奏し始める。

'82年に初の渡米。'86年にソロデビュー・アルバム「ショアー・トウ・ショアー」、 '89年にはサンフランシスコで録音、制作されたセカン・ドアルバム 「ハード・タイムズ・カム・アゲイン・ノー・モア」を発表する。
日本、アメリカのバンジョー・コンテストほかで数多くのコンテストに入賞している。'93年には、アメリカ、ヘイ・ホラー・レコードより3作目のソロ・アルバム「ゴーイン・アクロス・ザ・シィー」をリリースし、日本人で初めて米国ブルーグラス音楽誌「ブルーグラス・アンリミテッド」にハイライトとして批評が掲載され、国内ではもとより本場アメリカでも 高い評価を受ける。
'99年、テネシー州ナッシュヴィルで録音された4作目のソロ・アルバム「ディキシー・ドリーム」をリリースし、国内外で好評を博する。

'03年4月には、ナッシュヴィルの伝説のスタジオ・ミュージシャン、バディー・スパイカー(フィドル)とボブ・ムーア(ベース)と共演したニュー・アルバム「ティアドロップ・オン・ナ・ローズ」がリリースされる。

'03年6月より、西宮のコミュニティー放送「さくらFM」(78.7MHz)にて「さくらFM音楽室−稲葉和裕のミュージック・ジャーニー」(毎月第4水曜日午後8時〜8時58分)のパーソナリティーを務めている。

'07年10月、テネシー州ナッシュヴィルで開催されたIBMA主催ファン・フェストにワールド・インターナショナル・ブルーグラス・バンドのヴォーカリスト、ギタリストとして参加し、高い評価を受ける。

'09年3月には、アミティホールでの大規模なカントリー・コンサート、「カントリー・ウインド2009」をプロデュース・出演する。

'09年5月、テネシー州ナッシュヴィルにて伝説のスタジオ・ミュージシャンをゲストにレコーディングする。同年秋、「カントリー・ハート」として自社レーベル、サザン・ブリーズ・レコードよりリリースする。

'09年10月、熊本で開催された「カントリー・ゴールド」に日本人バンド初として出演し、好評を博する。

'13年12月、6年ぶりのマイク・コンプトンとのジャパン・ツアーを成功させる。

'14年6月の「アメリカ南部の旅」滞在中、ヴァージニア州グレイソン・ハイランズ州立公園で開催された「第20回ウエイン・ヘンダーソン・ミュージック・フェスティバル」に日本人として初めてゲスト・パーフォーマーとして招かれる。

'16年10月、東京、熊本、神戸でマイク・コンプトン、キース・リトル、ブレイン・スプラウスというブルーグラス界の超一級プレイヤーたちを招聘し、ジャパン・ツアーを成功させた。

レインボー・ヴァレー・ブルーグラス・バンドブルーグラス・ランブルブルーグラス・バディーズブルーグラス・ヤングスターズのリーダーとして様々なイベントやコンサートで活躍する傍ら、音楽事務所経営、外国人アーティストのコンサートツアーのプロデュースを手掛け、現在までにブルーグラス音楽界の一流アーティスト(ラリー・スパークス、ロンサム・リヴァー・バンド、ブッチ・ロビンス、ラリー・スティーヴンスン、マイク・コンプトン、キース・リトルほか)を数多く日本に招聘している。

生涯学習としての市民講座(NHK文化センター西宮/東京、アベノ近鉄文化サロン、コープこうべ他)で易しくカントリー・ソングの歌唱指導を行い、歌を通してアメリカ文化の一端を紹介している。

また、通常の演奏活動に加え、音楽療法にも大いに関心があり、老人保健施設、養護施設などの施設の皆さんに音楽と触れ合っていただく機会を増やしている。

有限会社オフィス・ホワイト・オーク代表取締役
オーク・ミュージック・セラピー主宰
NHK文化センター講師
近鉄文化サロン講師
毎日文化センター講師
コープこうべ生活文化センター講師

ソロ・アルバム
●"Shore To Shore"(1986 Red Clay Records)
●"Hard Times, Come Again No More" (1989 Red Clay Records)
●"Goin' Across the Sea" (1993 Hay Holler Records)
●"Dixie Dream" (1999 Copper Creek Records)
●"Country Songs For Singing - Volume One"
  (2002 Southern Breeze Records)
●"Teardrop On A Rose" (2003 Copper Creek Records)
●"Country Heart" (2009 Southern Breeze Records)


レインボー・ヴァレー・カントリー・バンド




古き良き時代のアメリカの良心を表現するカントリー&ウエスタンとブルーグラス・ミュージック。「レインボー・ヴァレー・カントリー・バンド」は、ギター、バンジョー、フィドル、スティール・ギター、ベースドラムスなどの楽器を日本を代表するミュージッシャンらが奏で、表現するバンドです。それぞれのミュージッシャンのテクニックはもちろんのこと、アコースティックで聴き易い音創りと 親しみあるステージングには定評があります。

リーダーの稲葉和裕は、ブルーグラス/カントリー・シンガー、マルチ・プレイヤーとしてギター、バンジョー、フィドルなど数々の楽器を弾きこなし、ソロ・アルバムも数枚発表し、国際的に活躍しています。

バンド・メンバーは、哀愁のあるフィドル(ヴァイオリン)は蔦川 元、タイトで安定したベースでリズム・セクションを固める石平祐二、ドラムスの地倶清嗣を中心に関西で活躍するミュージシャンらが参加します。

メンバー
稲葉和裕−ヴォーカル、ギター、バンジョー
蔦川 元 −フィドル
石平祐二−アコースティック・ベース
地倶清嗣−ドラムス

●過去の出演例 (抜粋)
吹田メイシアター主催「カントリーとブルーグラスの夕べ」
クレオ大阪西主催「カントリー・オータム・コンサート」
八尾市文化振興事業団主催「カントリー・ミュージック・コンサート」
NHK大阪局制作「千客万来」ウィークエンド・ライヴ
東大阪市勤労者福祉サービスセンター主催「カントリー・ミュージック・コンサート」
W.H.O.(世界保健機構)国際会議レセプション(神戸センター主催)
近鉄小劇場提携公演「カントリー・クリスマス・コンサート 2001〜2003」
大阪市中央公会堂「カントリー・クリスマス・コンサート 2004〜2005」
クレオ大阪中央「カントリー・クリスマス・コンサート 2006」
八尾・プリズムホール「カントリー・ジュビリー 2007」
八尾・プリズムホール「カントリー・ミーツ・アイリッシュ 2008」
西宮・アミティホール「カントリー・ウインド 2009」
神戸酒心館「アメリカン・ミュージック・ジャーニー in 酒蔵」シリーズ
六甲山ホテル「カントリー・パーティー in 六甲山」シリーズ
熊取町公民館「カントリー・ミュージック・コンサート in 熊取」

主な演奏曲目
「テネシー・ワルツ」、「オールド・ブラック・ジョー」、「ケンタッキーの青い月」、「ジャンバラヤ」、「レッド・リヴァー・ヴァレー」、「500マイル」、「オー、スザンナ」、「テネシー1949」、「フォギー・マウンテン・ブレイクダウン」、「ユー・アー・マイ・ サンシャイン」、「ホーム・スウィート・ホーム」、「慈しみ深き友なるイエス」、「カントリー・ロード」ほか





ブルーグラス・ランブル




緑の草原を駆けるサラブレッドやバーボン・ウイスキーで有名なアメリカ、ケンタッキー州。「ブルーグラス」の語源は、ケンタッキー州の別名である牧草の意。活気があって、どこか哀愁漂うブルーグラス・ミュージック。「ブルーグラス・ランブル」は、バンジョー、ギター、フィドル、マンドリン、ベースのアンサンブルで、本格的なブルーグラス・ミュージックを演奏するために1998年12月に結成されたバンドです。

稲葉和裕のリード・ヴォーカルとギターを軸に、テイスティーなバンジョーで知られるランディー・コットン、活躍中のフィドラーの蔦川 元、2015年にバンドに加わった若手マンドリニストの伊藤創平、安定したベースでリズム・セクションを固める石平祐二が展開するブルーグラス・バンドです。

1999年1月より毎月1回のライヴを定期的(基本的に第3日曜日の午後1時より)に開催している。2006年は、シアトリカル應典院、OCCホール(大阪クリスチャン・センター)、2007年6月から中津・ミノヤホールで開催してきましたが、10周年を迎える2009年1月公演からジャズ・クラブの老舗、ミスター・ケリーズに会場を移すことになりました。ミスター・ケリーズでは、美味しいお食事とドリンクをお楽しみいただきながら、ゆったりとブルーグラス・ランブルをご満喫ください。
さらにグレード・アップしたブルーグラス・ランブルをお楽しみください。

「ブルーグラス・キャンプ・イン・滋賀」での「ブルーグラス・ナショナル・チャンピオンシップ」では、1999年と2000年とブルーグラス・ランブルが、2連覇達成する。

2009年の阿蘇、「カントリー・ゴールド 2009 - 約束の日U」 には、主催者、チャーリー永谷氏を除いて日本人バンドとして初出演し、観衆を魅了した。

2012年10月、ブルーグラス・ランブルの初めての東京公演を成功させた。
2015年3月、バンド結成以来16年間にわたりマンドリンとヴォーカルを担当した大西一由氏がバンドを離れ、6月に伊藤創平氏(マンドリン)が新加入する。

メンバー
稲葉和裕 −ギター、ヴォーカル
ランディー・コットン −バンジョー、ヴォーカル
蔦川 元  −フィドル、ヴォーカル
伊藤創平 −マンドリン、ヴォーカル
石平祐二 −アコースティック・ベース、ヴォーカル

ブルーグラス・ランブル メンバー自己紹介




ブルーグラス・バディーズ




稲葉和裕が東京で活躍するミュージシャンたちと展開するブルーグラス・バンド。
あえてバンド・メンバーを固定することなしに、演目やバンド・サウンドを自由に変化させられるブルーグラス・バンドである。

飛び入りで素晴らしいゲスト・アーティストをお迎えする時もしばしば。

基本的に第2火曜日に銀座・ロッキートップで出演している。
出演スケジュールは、Schedulesのページでご確認ください。

過去にご共演いただいたバディーズの皆様:
宮前ユキ(ヴォーカル)、井上太郎(マンドリン)、近藤友宏(ベース)、手島昭英(ベ−ス)、村井振一(バンジョー)、岸本一遥(フィドル)、祇園隆司(フィドル)、茂泉次郎(フィドル)、早川流吉(バンジョー)、尾崎博志(スティール・ギター)、小島慎司(ドブロ・ギター)、Chris Sharp(バンジョー)、レオナ(フィドル)、三上 保(ベース)、有田純弘(バンジョー)、Jon Glik(フィドル)、原さとし(バンジョー)、今村日利(バンジョー)、笹部益生(ギター)、若林優子(フィドル)、加藤保久(マンドリン)、岡部 昇(ベース)、桑原達也(バンジョー)、Jacob Sharp(マンドリン)、植村花菜(ヴォーカル)、Jordan McConnell(ギター)、J.P. Mathes U(バンジョー)、手塚里美(ベース)、Denis Gainty(マンドリン)、瀬川信二(ベース)、松本和茂(ギター)、小寺拓実(バンジョー)、Samoa Wilson(ヴォーカル)、麻田 浩(ヴォーカル)、Okei(ヴォーカル)、平賀智恵子(マンドリン)、村田彩子(ベース)、Clay Bussinger(ギター)、手島宏夢(フィドル)、荒川裕史(ギター)、山田拓斗(フィドル)、加藤史高(ベース)、木村達弥(バンジョー)、岡野 進(フィドル)[順不同/敬称略]




ブルーグラス・ヤングスターズ




これからの日本のブルーグラスを担う若手ブルーグラッサーたちと稲葉和裕によるコンセプト・ブルーグラス・バンド。あえてメンバーを固定することなく、多くの若手ミュージシャンとの交流を図るブルーグラス・バンドである。

出演スケジュールは、Schedulesのページでご確認ください。

過去に参加いただいたミュージシャン:
今村日利(バンジョー)、坂井史郎(フィドル)、星川太志(ドブロ・ギター)、神納義之(ベース)、秋山龍哉(マンドリン/ベース)、冨田友里(マンドリン)、小野健児(フィドル)[順不同/敬称略]




ALISA




2000年9月14日生まれ
兵庫県西宮市在住

幼少よりクラシック・バレエ、ヴァイオリン、ピアノ、ジャズ・ダンス、タップダンス、モデル、声楽、ヴォーカルなどのレッスンを受け、オペラやミュージカルに多数出演経験を持つ。

映画では、「0(ゼロ)からの風」(塩屋俊監督、田中好子主演/2007年)、「Quarter」(原田大二郎、島崎和歌子出演/2009年)に出演する。

2010年6月、ホテルオークラ神戸でのデビュー・コンサート、「ニューオリンズの世界からジャズにのって - 9歳の女の子のデビュー」で好評を博する。
2010年12月、「甲南女子大学クリスマス・チャリティー・コンサート」に出演する。

2011年6月、「宮川大助・花子ファミリー劇場」(京橋花月)に出演する。

2011年10月、関西テレビ「よ〜いドン!」で「大人顔負け歌声と演技-11歳の天才美少女発見」と称され、「となりの人間国宝さん」に認定される。

2012年6月、朝日放送「このへん!トラベラー」でカントリー・バー、アビリーン取材中にステージ、父親、稲葉和裕らと共に歌う。

2012年6月、千日前・アナザードリームでセルフ・プロデュースによる「Alisa かたつむり Live!」を開催する(寄藤佳織、稲葉和裕共演)。

2013年9月23〜24日、宮川大助・花子ファミリー劇場「天使の島〜人魚伝説」(テイジンホール)に出演する。

2015年5月、アナザードリームで3年ぶりのライヴに出演する。

2015年に宮川大助・花子ファミリー劇場「花咲村の妖精」(テイジンホール)に出演し、2016年には同舞台でなんばバグランド花月に出演する。

2015年からは松竹系列のテレビ時代劇(「必殺!仕事人」ほか)に出演し、2016年秋には映画「超高速!参勤交代」に出演する。

2017年夏から一年間、テキサス州サン・サントニオに語学留学を予定している。
また、渡米直前の7月16日にはミスター・ケリーズでジャズ・ミュージシャンや父親、稲葉和裕との渡米激励ライヴが予定されている。

アリサのブログ



キース・リトル



Keith Little
バンジョー奏者、ギター奏者、
マルチ・インストゥルメンタリスト
ヴォーカリスト、ソングライター

カリフォルニア州ベニシア在住

アメリカ西海岸でブルーグラスの普及に貢献したヴァーン・ウイリアムズやレイ・パーク、ローズ・マドックス、ハイ・カントリー、グラント・ストリート・ストリング・バンドなどと活動した後に、歴史に名を残したブルーグラス・バンドのひとつ、「カントリー・ジェントルマン」に1年半在籍する。その後、カントリー界で一世を風靡したリッキー・スキャッグスのケンタッキー・サンダーに5年間在籍。彼のオリジナル・ソングは、カントリー・ジェントルマン、ティム・オブライアン、クリスタル・ゲイル、クレア・リンチ、ロングビューなどによって録音されている。ドリー・パートンのブルーグラス・アルバムにハーモニー・ヴォーカルで参加している。

'90年、熊本のカントリー・ゴールドにリッキー・スキャッグスと共に初来日を果たし、'94年には、稲葉和裕とのジャパン・ツアーを皮切りに、数回来日している。独特のバンジョー奏法、ハイ・テクニックのリード・ギター、そして幅広いヴォーカル・レンジを持つ、まさに「ミュージシャンのためのミュージシャン」として多くのトップ・ミュージシャンのサポートをこなしている。2001年には、待望のソロ・ブルーグラス・アルバム「ディスタント・ランド・トゥ・ローム」をリリースする。

現在、サンフランシスコで自身のレコーディング・スタジオを経営しながら、デビッド・グリスマン、ピーター・ローワン、キャシー・キャリックら西海岸のアーティストたちとフリーランスのセッション・プレイヤーとして活躍している。
2001年、2002年、2003年、2004年の稲葉和裕のクリスマス・コンサート・ツアーに参加。

2016年10月、マイク・コンプトン、ブレイン・スプラウス、稲葉和裕らとのジャパン・ツアーで12年ぶりの来日が期待されている。

●ソロ・アルバム
"Distant Land To Roam"(2001 Copper Creek Records)


マイク・コンプトン

Mike Compton
マンドリン奏者
テネシー州ナッシュヴィル在住

1956年、ジミー・ロジャーズの故郷であるミシシッピー州メリディアンに生まれる。
ジョン・ハートフォード曰く、「マイク・コンプトンは、ビル・モンロー・スタイルのマンドリンを「ブルーグラスの父」自身よりもよく知っている」。

映画「オー・ブラザー!」(2000年)のサウンドトラックと、ベスト・トラディショナル・フォーク・アルバム、「ダウン・フローム・ザ・マウンテン」でグラミー賞を獲得する。その後、映画「コールド・マウンテン」(2003年)のサウンドトラックにも参加し、全米でブルーグラス・ミュージックの普及に寄与し、ブルーグラス・マンドリン奏者として脚光を浴びる。
ジョン・ハートフォード、デヴィッド・グリアー、ラルフ・スタンレー、スティング、エルヴィス・コステロらと共演する。現在は、ナッシュヴィル・ブルーグラス・バンド、ヘレン・ハイ・ウォーター、マイク・コンプトン&ジョー・ニューベリーで活躍している。
2005年度のIBMA最優秀マンドリン・プレイヤーにノミネートされる。

2006年、2007年、2013年の稲葉和裕のクリスマス・コンサート・ツアーに参加する。


●アルバム・ディスコグラフィー(抜粋)

Mike Compton & David Long "Stomp"(2006)
Nashville Bluegrass Band "20 Year Blues" (2004)
"Cold Mountain" soundtrack(2003)
Keith Little "Distant Land To Roam"(2001)
John Hartford "Hamilton Ironworks"(2001)
Kazuhiro Inaba "Dixie Dream"(2000)
"O Brother, Where Art Thou?" sound track(2000)
John Hartford "Good Old Boys"(1999)
Mike Compton & David Grier "Climbing The Walls"(1989)
Peter Rowan "New Moon Rising"(1988)
Nashville Bluegrass Band "Idle Time" (1986)
Nashville Bluegrass Band "To Be His Child" (1987)
Nashville Bluegrass Band "My Native Home" (1985)

マイク・コンプトン・オフィシャル・ウェブサイト <www.mikecompton.net>


ブレイン・スプラウス

Blaine Sprouse
フィドル奏者
カリフォルニア州在住

ケニー・ベイカーの一番弟子として頭角を現し、'70年代にはジミー・マーティン&サニー・マウンテン・ボーイズで来日の経験を持つ。
高度な技量と味わい深いフィドルに定評があり、ジム&ジェシー、オズボーン・ブラザーズ、クラスター・プラッカーズのメンバーとしてナッシュヴィルで活躍する。
数年間のブランクを経て、現在、カリフォルニアに居住し、ピーター・ローワンやキース・リトルらのバンドで活躍している。

2016年10月、キース・リトル、マイク・コンプトン、稲葉和裕のジャパン・ツアーで40年ぶりの再来日が大いに期待されている。

●アルバム・ディスコグラフィー(抜粋)

Blaine Sprouse "Blaine Sprouse"
Blaine Sprouse "Summertime"
Blaine Sprouse "Brilliancy"
Blaine Sprouse "Appalachian Mountain Fiddler"
Kenny Baker & Blaine Sprouse "Indian Springs"
Nashville Bluegrass Band "My Native Home"
Dreadful Snakes "Snakes Alive"
The Cluster Pluckers "The Cluster Pluckers"
The Cluster Pluckers "Just Pluck it"
The Cluster Pluckers "Unplucked"
The Cluster Pluckers "Old Time Gospel Favorites"
The Cluster Pluckers "A Cluster Pluckers Christmas Album"
The Osborne Brothers "Bluegrass Collection"
The Bluegrass Band "Shine Hallelujah Shine"



ブッチ・ロビンス


Butch Robins
バンジョー奏者
ヴァージニア州ピュラスキ出身

幼少から父親、故カルヴィン・ロビンス氏に連れられ各地のブルーグラス・フェスティバルやコンテストで活躍し、10代ですでにビル・モンローからブルーグラス・ボーイズに入団のオファーを受けるが、学業のため断り続ける。卒業後は、ナッシュヴィルでフリーランス・ミュージシャンとして多くのアーティストと親交を深め、レコーディングやプロデュースの才覚を認められる。ブルーグラス界の革新的グループ、ニュー・グラス・リバイヴァルの結成時のベース奏者となる。
'70年代後期、ビル・モンローのブルーグラス・ボーイズに参加し、「ビーン・ブロッサム・ライヴ・アルバム」や、「マスター・オブ・ブルーグラス」のレコーディングで素晴らしいバンジョー・プレーを残している。
ブルーグラス・ボーイズ退団後は、アラン・オブライアントやブレイン・スプラウスらと自身のバンド、ザ・ブルーグラス・バンドを結成し、全米のブルーグラス・シーンで話題となる。

1993年には、稲葉和裕の3作目のアルバム「ゴーイン・アクロス・ザ・シィー」でバンジョーを担当している。1993年に稲葉和裕とのツアーのために初来日、1994年には、ラリー・スティーヴンソン(マンドリン)と共に来日、そして、1996年には「阪神大震災チャリティー・ブルーグラス・コンサート」のためにダドリー・コーネル(ギター)と来日している。
2005年の稲葉和裕のクリスマス・コンサート・ツアーに10年ぶりの来日を果し、参加した。

現在、再び、フリーランスのミュージシャンとして精力的に、アメリカ国内外のブルーグラス・フェスティバルやレコーディングに参加している。

ソロ・アルバム
"Grounded-Centered-Focused"(1995 Hay Holler Records)
"The Bluegrass Band - Once Again From The Top Vol. 1"(1990 HHR)
"The Bluegrass Band - Once Again From The Top Vol. 2"
"The Bluegrass Band - Shine Hallelujah Shine Vol. 1"(1991 HHR)
"The Bluegrass Band - Shine Hallelujah Shine Vol. 2"
"The Bluegrass Band - 2nd Cut"

"Forty Years Late"(Rounder Records)
"Fragments Of My Imagination"(1979 Rounder Records)
"The Fifth Child"(Rounder Records)

●著書
"What I Know 'Bout What I Know"



ワールド・インターナショナル・ブルーグラス・バンド



世界中を旅したブッチ・ロビンスが様々な背景と環境でブルーグラス・ミュージックに携わる各国のミュージシャンを厳選し、2007年10月テネシー州ナッシュヴィルで開催されるIBMA主催ワールド・オブ・ブルーグラスに出演するために結成されたバンドです。

ビル・モンローがブルーグラスとして演奏した音楽形態が全世界に広まり、各国でそれぞれ継承され成長し続けている。ザ・ワールド・インターナショナル・ブルーグラス・バンドは、ブルーグラス・ミュージックを通して「世界はひとつ、人類はひとつ」を提唱する。
グルーバルな視点においてブルーグラス史上、初めてのコンセプト・バンドとなるでしょう。

●メンバー
ブッチ・ロビンス(Butch Robins from U.S.A.)−バンジョー
稲葉和裕(Kazuhiro Inaba from Japan)−ギター
アーノルド・ラッシュアー(Arnold Lasseur from Netherlands)−マンドリン
ハミッシュ・デイヴィッドソン(Hamish Davidson from Australia)−フィドル
ヤン・ヨハンセン(Jan Johansson from Sweden)−フィドル
ショーン・マッカー(Sean McKerr from Ireland)−ベース




[ワールド・インターナショナル・ブルーグラス・バンド・プロジェクトについて]